下地前宮古島市長の逮捕 その剛腕が招いた歪みか

 
逮捕された下地敏彦前宮古島市長=2020年1月

 宮古島市への陸上自衛隊配備を巡って、収賄の疑いで逮捕された下地敏彦前市長。2009年の初当選から3期12年、今年1月の市長選で敗れるまで市政を担った。また、県内の保守系市長でつくる「チーム沖縄」の会長でもあり、重鎮政治家であったと言える。

 在任中の大きな出来事といえば、やはり宮古島市への陸自の配備だ。計画では駐屯地をどこに置くかがカギとなった。2015年、防衛省が島内の大福牧場周辺と千代田カントリークラブの2ヶ所を候補地として提示した。下地前市長は翌16年に受け入れを表明したが、2つの候補地のうち大福牧場周辺については、水道水源への影響が出る可能性があるとして、これを認めない考えを示した。駐屯地となることが決まった千代田カントリークラブの経営者から、650万円を受け取ったとされるのが今回の容疑だ。

 なお、陸上自衛隊の駐屯地は17年から整備が始まり、19年には警備部隊が新設されている。

宮古警備隊隊旗授与式に列席する下地前市長(前列左から3人目)。右端は岩谷毅防衛相(当時)=2019年4月

 在任中の下地前市長といえば、「将来の社会基盤となるインフラの整備」をたびたび強調していた。国とのパイプを活かしながら、 “剛腕”とも言えるリーダーシップを発揮して、ごみ焼却場や葬祭場、図書館のほか、最大約5000人の収容が可能な全天候型のJTAドーム宮古島などの公共施設建設や大型事業を次々と手がけた。

 昨年6月には平良港にクルーズ船専用バースを整備し、今年1月には総事業費120億円もかけて市役所の新庁舎を完成した。

 さらに観光に結びつく経済振興策でもその辣腕を振るった。15年に伊良部大橋が開通したのを機に観光客が急増すると、19年には下地島空港の新ターミナルの開業に漕ぎ着けた。宮古島市には、コロナ直前には年間に100万人を超える観光客が訪れるようになり、相次ぐリゾートホテルの建設や陸自駐屯地の工事などで多くの建設業者が来島し、その滞在のためのアパートが不足するなど、そのさまは「宮古バブル」と呼ばれるほどの活況を呈した。
 その一方で、島内でアパートの家賃があまりに高騰して地元住民の引越しがままならなくなるなど弊害が生まれたのは事実だ。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2

関連記事

おすすめ記事

  1.  菅政権が2050年までに地球温暖化ガスの排出量をゼロにする、いわゆる「カーボンニュートラ…
  2.  6月1日、県は2022年度から10年間の振興のあり方を決める次期沖縄振興計画の素案を公表…
  3.  「ブルーシールアイスクリーム」を展開するフォーモスト・ブルーシール株式会社(浦添…
  4. 「コロナで失業しました。子供がいることで不採用にもなった所が何か所かありました。仕事が探せ…
  5.  5月23日に4度目となる緊急事態宣言が始まった沖縄県。GW明けから新型コロナウイルスの感…
琉球海運_広告国場組大寛組前田鶏卵
琉球海運_広告前田鶏卵大寛組国場組

特集記事

  1.  菅政権が2050年までに地球温暖化ガスの排出量をゼロにする、いわゆる「カーボンニュートラ…
  2.  6月1日、県は2022年度から10年間の振興のあり方を決める次期沖縄振興計画の素案を公表…
  3.  昨年3月、那覇空港の第二滑走路が開業した。だが、その第二滑走路に着陸した航空機がターミナ…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ