地域とともに生きる 北海道出身の島パーラー店長

 
毎日が笑顔の向井裕美さん


 琉球の創世神アマミキヨが祀られているうるま市浜比嘉島。そこにあるコンテナショップ「島パーラー浜比嘉店」は、島民のコミュニケーションの場であり、訪れた人たちの憩いの場でもある。

 ここは、うるま市の地域おこし協力隊だった向井裕美さん(38)が2年ほど前に造り上げたお店だ。昨年から続くコロナ禍で、さぞ営業も大変かと思いきや、「観光客は激減ですけど、おかげさまで特に困っていないですよ。水曜定休以外は一度も休まず営業できています」。と、ケロっと応えた。窮地に対応できる力はいったいどこにあるのか、話を聴いてみた。

島パーラー浜比嘉店

菓子メーカーを退職後に世界周遊

 向井さんは北海道名寄市で生まれ育ち、高校卒業後、札幌にあるお菓子メーカーの柳月に就職した。「人見知りが激しく、笑顔で話せない自分を克服したくて」と、販売とマーケティングを担当、そこで9年務めるも30歳前に退職した。「地元では女性は結婚して家にはいるが普通だったので、30前にいろんな事を経験したくて」と、世界周遊チケットを購入、飛行機の移動日だけを決め、一人で3ヶ月間25カ国をバックパッカーでまわった。



 準備したことは20ほどの英語の文章と、各国の「こんにちは」「ありがとう」の言葉のみ。「どうしたらここにいけますか?とか、私は何をすればいいですか?という、20くらいの文章を暗記しておくと、だいたいは乗り切れる。それとその国の挨拶は大切。返事がわからなくても、ありがとうと言って、また別の人に聞けばいいので」。ここで人見知りを克服できた柳月での9年間が役に立った。旅のスケジュール、宿泊先も自由だ。

「各国のお土産屋さんにいくとポストカードが売っているでしょ。そこでこの場所いいなと思ったカードを買って、どうやったらここに行ける?って聞いて出かける。近くまできて目的地がわからなくてもカメラを持って歩いて行く人について行けば、だいたい到着できるんだよね」。なるほど、マーケティング経験がここでも生きた。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2

関連記事

おすすめ記事

  1.  新型コロナウイルスの影響で国境を越えた移動が難しくなり、沖縄にほど近い台湾との交流も未だ…
  2.  2020年から継続して新型コロナウイルスの影響を直接受け続け、2021年も大きな打撃を受…
  3.  沖縄県教育委員会が琉球王国の外交文書集『歴代宝案』を中心とした歴史資料と、沖縄戦で失われ…
  4.  沖縄初のプロ野球球団として2019年に発足した琉球ブルーオーシャンズ。しかし、新型コロナ…
  5.    去年6月に結成された県内初の社会人アメリカンフットボールチーム「琉球ガーディア…
琉球海運_広告国場組大寛組前田鶏卵
前田鶏卵琉球海運_広告大寛組国場組

特集記事

  1.  2021年7月、「奄美大島、徳之島、沖縄島北部および西表島」がユネスコ(国連教育科学文化…
  2.  日本の子供を取り巻く危機的状況を打開すべく、菅前首相の大号令で突如動き出したこども家庭庁…
  3.  政府は昨年12月21日、子供政策の司令塔となる「こども家庭庁」の創設に向けた基本方針を閣…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ