地域とともに生きる 北海道出身の島パーラー店長

 
毎日が笑顔の向井裕美さん


 琉球の創世神アマミキヨが祀られているうるま市浜比嘉島。そこにあるコンテナショップ「島パーラー浜比嘉店」は、島民のコミュニケーションの場であり、訪れた人たちの憩いの場でもある。

 ここは、うるま市の地域おこし協力隊だった向井裕美さん(38)が2年ほど前に造り上げたお店だ。昨年から続くコロナ禍で、さぞ営業も大変かと思いきや、「観光客は激減ですけど、おかげさまで特に困っていないですよ。水曜定休以外は一度も休まず営業できています」。と、ケロっと応えた。窮地に対応できる力はいったいどこにあるのか、話を聴いてみた。

島パーラー浜比嘉店

菓子メーカーを退職後に世界周遊

 向井さんは北海道名寄市で生まれ育ち、高校卒業後、札幌にあるお菓子メーカーの柳月に就職した。「人見知りが激しく、笑顔で話せない自分を克服したくて」と、販売とマーケティングを担当、そこで9年務めるも30歳前に退職した。「地元では女性は結婚して家にはいるが普通だったので、30前にいろんな事を経験したくて」と、世界周遊チケットを購入、飛行機の移動日だけを決め、一人で3ヶ月間25カ国をバックパッカーでまわった。



 準備したことは20ほどの英語の文章と、各国の「こんにちは」「ありがとう」の言葉のみ。「どうしたらここにいけますか?とか、私は何をすればいいですか?という、20くらいの文章を暗記しておくと、だいたいは乗り切れる。それとその国の挨拶は大切。返事がわからなくても、ありがとうと言って、また別の人に聞けばいいので」。ここで人見知りを克服できた柳月での9年間が役に立った。旅のスケジュール、宿泊先も自由だ。

「各国のお土産屋さんにいくとポストカードが売っているでしょ。そこでこの場所いいなと思ったカードを買って、どうやったらここに行ける?って聞いて出かける。近くまできて目的地がわからなくてもカメラを持って歩いて行く人について行けば、だいたい到着できるんだよね」。なるほど、マーケティング経験がここでも生きた。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2

関連記事

おすすめ記事

  1.  沖縄県内各地域で受け継がれてきたその土地の言葉「しまくとぅば」。文化やアイデンティティの…
  2. サッカーの沖縄キャンプをPRする(左から)まーちゃん、尾形貴弘さん、髙原直泰さん=1月10日、豊見…
  3.  台湾の金門島をご存じでしょうか?「台湾の」と書きましたが、島の位置としては「え?なんでここが台湾…
  4.  沖縄の「長寿県」という称号はもはや過去のものとなった。厚生労働省が12月23日に発表した…
  5.  年末が差し迫ってきて「そろそろ大掃除の時期だな…」と感じ始めている人も多くなっている今日…

特集記事

  1.  八千代エンジニヤリング株式会社(東京都)はこのほど、琉球大学工学部の神谷大介准教授と共同…
  2. 今年の正月に首里城で開かれた「新春の宴」にて  2022年は観光業界だけでなく、経済界も含め…
  3.  沖縄県と沖縄観光コンベンションビューロー(OCVB)は1月4日、首都圏・阪神圏在住の現在…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ