沖縄の薬物事情 入手ルートはどこからどこへ

 

 今年に入って、大麻や覚せい剤など、薬物系の犯罪で未成年が摘発される例が多く報告されている。誰でも簡単に違法薬物は手に入れることができるものなのか。周囲に大麻を使用する知人が複数おり、県内の薬物流通ルートに詳しい男性に話を聞いた。

大麻への罪悪感薄れる若者世代

 「大麻をやっている若者が、そのことを隠さなくなっています」とその男性は真っ先に指摘した。「あまり悪いものではない物、というように、考え方が軽くなっていると思うんです」。実際に、大麻を推奨するようなテーマの音楽も若者の間で人気を集めるなど、日本でも大麻はかつてより身近な存在となっていると言える。米国では州によって合法、西欧でも多くの国で合法もしくは非犯罪化されているなど、他の違法薬物とは区別して考えられている。
 その流れを受けてか「大麻をやっている人の罪悪感としては『中高生がタバコを吸っている』程度の感覚になってしまっていると思います」と男性は語る。合法化の進む海外では、大麻ビジネスを見越して多くの企業が立ち上がっている現状から「世界的にも“流行って”います。完全にブームです」と説明する。大麻を解禁しつつある米国は、一方で4月、メンソールタバコとフレーバー付きの葉巻を禁止する方針を打ち出すなど、大麻とタバコを巡る認識や違法性が逆転しつつあり、そのことなどが少なからず日本社会にも影響を与えているとも考えられる。

個人間売買が主流の沖縄

 「たまたまどこかで大麻を持っている人と知り合って、好奇心から試してみて『いいな』と思ったら、直接売っている人を紹介してもらって。もしもその人自身も『良いバイトになりそうだな』と思ってきたら、その人自身も売る側に回ることだってあります」

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2 3

関連記事

おすすめ記事

  1.  慰霊の日が近づくと、沖縄戦を語り継ぐことの大切さが毎年のように課題として挙げられる。戦後…
  2.  7月10日投開票の参議院議員選挙が22日、公示される。沖縄選挙区は現職の伊波洋一氏(70…
  3.  「月桃ゆれて 花咲けば 夏のたよりは 南風」-。鎮魂や反戦、平和への願いを込めた海勢頭豊…
  4.  国際通りの真ん中に位置するビル。エレベータを降りて2、3歩足を進めると、100席余のテー…
  5.  求人サイト「オキナビ」の運営などを行う株式会社プロアライアンス(大城佑斗代表)と沖縄県内…

特集記事

  1. 県庁
     今後10年の沖縄振興の指針となる新たな振興計画「新・沖縄21世紀ビジョン基本計画」(第6…
  2.  5月15日に東京と沖縄をオンラインで繋いで開かれた「沖縄復帰50周年記念式典」。壇上の大…
  3. 「沖縄県だけ特別措置を作ってもらっている現状をどう認識するのか。復帰50年を過ぎてもまだ国…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ