農場長はお笑い芸人 生ゴミから生態エコシステムを完結 今帰仁クガニファーム

 

 株式会社クガニ(上間宏明代表、今帰仁村)が運営する「クガニファーム」。ここでは、生産活動の中で排出物を極力発生させない‘ゼロエミッション’の実現を目指す。運営会社の基幹事業であるゴミ収集業から継続的に得る‘生ゴミ’を起点として、農場内で循環を完結させる「アクアポニックス農法」を導入している。

 農場長のベンビーさんはじめ、現場を任されているのは、お笑い芸人やミュージシャンといった表現者たち。持続可能な社会の実現に向けての取り組みと、12,000坪の広大なフィールドの観光農園構想とは。

生ごみが活躍「アクアポニックス農法」とは

 クガニファームが位置する今帰仁村今泊には、今帰仁城跡が立つ山林と、そこから流れ込んだ豊かな湧き水という恵まれた自然環境がある。上間代表は、その美しい景観を眺めながら日々の収集業で発生する生ゴミをどうにか利活用できないか考えていた。

株式会社クガニ上間宏明代表

「生ゴミはほとんどが焼却処分され、しかも重量もあるのでコストも掛かっていました。生ゴミを飼料や肥料に変えることが出来ないかと構想していたところ、県外から招いたある専門家の方から、『ここなら‘アメリカミズアブ’を利用して循環型農業のアクアポニックスが出来るのでは』と助言を頂いたんです」

 アメリカミズアブは生ゴミを分解する能力が非常に高く、また自らも高タンパクで水産生物のエサとして機能する。

 エコシステムの流れはこうだ。

1.アメリカミズアブが食品残さを分解して肥料に変える
2.その肥料を畑で使う
3.幼虫に成長したアメリカミズアブは水産生物(スッポン等)のエサとなる
4.水産生物のフンは微生物が分解する
5.作物が吸収することで水質浄化され生けすの中の水を入れ替える必要がない

 これにより、水産養殖と水耕栽培が共存する循環が生まれる。

「クレソンは収穫までのサイクルが早く、年間で最大12毛作が可能です。スッポンもフンという有機物を出し続けてくれます。スッポンは今後商品として出荷しますが、あくまで副産物。本来の目的はあくまで生ゴミの利活用です。生ゴミの焼却処分コストが軽減される、理想的なゼロエミッションです」

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2 3

関連記事

おすすめ記事

  1.  慰霊の日が近づくと、沖縄戦を語り継ぐことの大切さが毎年のように課題として挙げられる。戦後…
  2.  7月10日投開票の参議院議員選挙が22日、公示される。沖縄選挙区は現職の伊波洋一氏(70…
  3.  「月桃ゆれて 花咲けば 夏のたよりは 南風」-。鎮魂や反戦、平和への願いを込めた海勢頭豊…
  4.  国際通りの真ん中に位置するビル。エレベータを降りて2、3歩足を進めると、100席余のテー…
  5.  求人サイト「オキナビ」の運営などを行う株式会社プロアライアンス(大城佑斗代表)と沖縄県内…

特集記事

  1. 県庁
     今後10年の沖縄振興の指針となる新たな振興計画「新・沖縄21世紀ビジョン基本計画」(第6…
  2.  5月15日に東京と沖縄をオンラインで繋いで開かれた「沖縄復帰50周年記念式典」。壇上の大…
  3. 「沖縄県だけ特別措置を作ってもらっている現状をどう認識するのか。復帰50年を過ぎてもまだ国…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ