農場長はお笑い芸人 生ゴミから生態エコシステムを完結 今帰仁クガニファーム

 

【農場長はお笑い芸人!】

 クガニファームの核となるメンバーには、芸人やミュージシャンなどの表現者が名を連ねる。農場長を務めるのは、お笑い芸人のベンビーさんだ。これまで農業経験無しだった彼が就任に至ったきっかけは。

ゼロエミッションの実現に知恵を絞るベンビー氏

「代表の上間さんは地域活性の事業もされていたので、やんばるでの映画ロケを仕事を通じて以前から面識がありました。これまでもいろんな事業を一緒にやらないかと声掛けを頂いていたんですけど、気持ちとタイミングが合わず…。でも今回のプランを聞いて、農場長の打診を受けた時はその場で即決でした」

 現在は週の約半分、那覇と今帰仁を往復する生活を送っている。ためらいは無かったのか。

「新しい時代の農業にワクワクしたので迷いは無かったです。やんばるに通うことになるのも障壁にはなりませんでした。そして何より『農場長』という肩書きが自分に付くのが面白い(笑) 今は、鳥のさえずりや水のせせらぎと暮らす喜びがこんなに大きいのかと実感しています」

 人里離れた農場が芸能関係のメンバーと組むことで発信力も強化される。

「農場では農作業はもちろん、情報発信や広報を担っています。そこの部分が期待されているのはやはり感じますね。エフエム那覇で『オリジンアワーECO』という番組をやっているのですが、それはこの農場で収録しています。昼は鳥、夜はカエルの鳴き声が思いっきり入っていますよ」

全農全芸

 ベンビーさんの他、所属事務所の後輩である、きしもとさんとでこりんさんも今帰仁を拠点に生活している。30代と40代の男たちの共同生活だ。

「これがまた楽しいんですよ!青春やっていますって感じで。またこの2人が酒飲んだらすぐ言い合いになるんですよ。『シラフで話せないことは酔っぱらって話すなよ~』ってなだめるんですけど、これも農場長の仕事です(笑) クガニファームでは環境保全、クリーンエネルギー、住み続けられる街づくりなど、SDGsの多くの目標がクリア出来ていると思います。あとは後輩芸人たちの『貧困をなくそう』、これも付け足しておきましょう」

 半農半芸という表現だと物足りない。全農全芸で日夜励んでいる。

週の半分は生活を共にしているベンビーさん(右)と後輩芸人のきしもとさん=今帰仁村内の住居にて
Print Friendly, PDF & Email
次ページ:
1

2

3

関連記事

おすすめ記事

  1.  沖縄の市場やスーパーマーケットでは、昔から人々に親しまれている沖縄伝統菓子を今でも数多く…
  2.  「エネルギー自給率」という言葉を聞いたことがあるだろうか。石油やガス、太陽光など、発電な…
  3.  プロバスケットボールBリーグ1部西地区で優勝を決めている琉球ゴールデンキングスが、今季あ…
  4.  喜納昌吉、73歳、音楽家。『ハイサイおじさん』『花~すべての人の心に花を~』などの代表曲…
  5. 「番組を休んだ時に『おめでたじゃないの?』って言われることが結構あるんですが、できれば今後…

特集記事

  1.  喜納昌吉、73歳、音楽家。『ハイサイおじさん』『花~すべての人の心に花を~』などの代表曲…
  2.  ゴールデンウィーク(GW)に突入した。2年ぶりに「まん延防止等重点措置」などの活動制限の…
  3.  なぜ、ここまで強いのかー。  プロバスケットボールBリーグ1部西地区の琉球ゴールデ…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ