島の言葉と文化描く『与那国を通して世界をつなぐ展』開催

 

 与那国島をテーマにしたインスタレーション作品を展示する『与那国を通して世界をつなぐ展』が2月11日から与那国町の「DIDI与那国交流館」で、同18日から南城市の「南城美術館」で開催される。イタリア出身の映像作家・アヌシュ・ハムゼヒアンさんと写真家ヴィットーリオ・モルタロッティさんが3年間にわたって捉えた与那国の言語と文化、日常の移り変わりを、音声と写真を組み合わせた空間美術で表現する。

消滅の危機に瀕する「どぅなん」

 インスタレーション作品は『L’Isola』と題されており、イタリア語で「島」を意味する

 クリエイターの2人が与那国島に興味を持ったのは「少数言語の消滅」というテーマがきっかけだったという。与那国の言葉である「どぅなん」は日本の中でも消滅の危機に瀕している言語の1つだ。

 彼らは島に何度も足を運んで取材を重ね、この言語が日本本土や沖縄の島々とも文化・言語的な差異があることについて認識を深めながら、インスタレーション、映画、書籍といった形で島に暮らす人たちの生活や言葉、文化を記録し、作品を作り上げていったという。

 その特徴について2人は「深い青の海、自由に歩き回る馬、忘れられたような廃屋、植物生い茂る森、両端にある2つの灯台、そして軍事基地。これらのギャップに魅了された」と語っている。

 作品は既にフランスやイタリアでの展示を行っており、今回の与那国・沖縄での開催は“凱旋展示”となる。さらに、今作の映画版とも言える『ヨナグニ~旅立ちの島~』は4月30日に桜坂劇場での公開を予定しているという。

<展示情報>

『与那国を通して世界をつなぐ展』

【与那国】
 場所:DIDI与那国交流館  期間:2月11日(金)~15日(火)17:00~21:00(月曜休館)

【沖縄本島】
 場所:南城美術館  期間:2月18日(金)~2月27日(日)10:00~17:00(火水休館)

 料金:両会場ともに入場無料(この企画展のみ)

 問い合わせ:ムーリンプロダクション 098-996-2898(担当:菅谷)

■関連リンク
ムーリンプロダクション WEBサイト
沖縄発の映画配給会社 アジア各都市巻き込み“文化の中継貿易“ ‖ HUB沖縄

Print Friendly, PDF & Email

真栄城 潤一

投稿者記事一覧

1985年生まれ、那覇市出身。
元新聞記者、その前はバンドマン(ドラマー)。映画、音楽、文学、それらをひっくるめたアート、さらにそれらをひっくるめた文化を敬い畏れ、そして愛す。あらゆる分野のクリエイティブな人たちの活動や言葉を発信し、つながりを生み、沖縄の未来に貢献したい、と目論む。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1. 「沖縄県だけ特別措置を作ってもらっている現状をどう認識するのか。復帰50年を過ぎてもまだ国…
  2.  沖縄の市場やスーパーマーケットでは、昔から人々に親しまれている沖縄伝統菓子を今でも数多く…
  3.  「エネルギー自給率」という言葉を聞いたことがあるだろうか。石油やガス、太陽光など、発電な…
  4.  プロバスケットボールBリーグ1部西地区で5連覇を果たし、5月13日には年間王者を争うチャ…
  5.  喜納昌吉、73歳、音楽家。『ハイサイおじさん』『花~すべての人の心に花を~』などの代表曲…

特集記事

  1.  5月15日に東京と沖縄をオンラインで繋いで開かれた「沖縄復帰50周年記念式典」。壇上の大…
  2. 「沖縄県だけ特別措置を作ってもらっている現状をどう認識するのか。復帰50年を過ぎてもまだ国…
  3.  喜納昌吉、73歳、音楽家。『ハイサイおじさん』『花~すべての人の心に花を~』などの代表曲…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ