島の言葉と文化描く『与那国を通して世界をつなぐ展』開催

 

 与那国島をテーマにしたインスタレーション作品を展示する『与那国を通して世界をつなぐ展』が2月11日から与那国町の「DIDI与那国交流館」で、同18日から南城市の「南城美術館」で開催される。イタリア出身の映像作家・アヌシュ・ハムゼヒアンさんと写真家ヴィットーリオ・モルタロッティさんが3年間にわたって捉えた与那国の言語と文化、日常の移り変わりを、音声と写真を組み合わせた空間美術で表現する。

消滅の危機に瀕する「どぅなん」

 インスタレーション作品は『L’Isola』と題されており、イタリア語で「島」を意味する

 クリエイターの2人が与那国島に興味を持ったのは「少数言語の消滅」というテーマがきっかけだったという。与那国の言葉である「どぅなん」は日本の中でも消滅の危機に瀕している言語の1つだ。

 彼らは島に何度も足を運んで取材を重ね、この言語が日本本土や沖縄の島々とも文化・言語的な差異があることについて認識を深めながら、インスタレーション、映画、書籍といった形で島に暮らす人たちの生活や言葉、文化を記録し、作品を作り上げていったという。

 その特徴について2人は「深い青の海、自由に歩き回る馬、忘れられたような廃屋、植物生い茂る森、両端にある2つの灯台、そして軍事基地。これらのギャップに魅了された」と語っている。

 作品は既にフランスやイタリアでの展示を行っており、今回の与那国・沖縄での開催は“凱旋展示”となる。さらに、今作の映画版とも言える『ヨナグニ~旅立ちの島~』は4月30日に桜坂劇場での公開を予定しているという。

<展示情報>

『与那国を通して世界をつなぐ展』

【与那国】
 場所:DIDI与那国交流館  期間:2月11日(金)~15日(火)17:00~21:00(月曜休館)

【沖縄本島】
 場所:南城美術館  期間:2月18日(金)~2月27日(日)10:00~17:00(火水休館)

 料金:両会場ともに入場無料(この企画展のみ)

 問い合わせ:ムーリンプロダクション 098-996-2898(担当:菅谷)

■関連リンク
ムーリンプロダクション WEBサイト
沖縄発の映画配給会社 アジア各都市巻き込み“文化の中継貿易“ ‖ HUB沖縄

Print Friendly, PDF & Email

真栄城 潤一

投稿者記事一覧

1985年生まれ、那覇市出身。
元新聞記者、その前はバンドマン(ドラマー)。映画、音楽、文学、それらをひっくるめたアート、さらにそれらをひっくるめた文化を敬い畏れ、そして愛す。あらゆる分野のクリエイティブな人たちの活動や言葉を発信し、つながりを生み、沖縄の未来に貢献したい、と目論む。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1.  10月1日、株式会社プロアライアンスと琉球朝日放送株式会社(QAB)が協同して構築した、…
  2.  「久しぶりー!」「元気だったー!?」と、賑やかな声が飛び交う。10月2日に開催される「沖…
  3.  安室奈美恵、MAX、DA PUMP、SPEED、知念里奈、三浦大知…沖縄発で今現在も大活…
  4.  感染者数は依然として収束を見ないが、「ウィズコロナ」の広がりから徐々に国内からの入域客数…
  5.  サッカーJ2のFC琉球が、いよいよ崖っぷちに追い込まれた。  琉球は9月18日、沖…

特集記事

  1.  敵味方、民間人、軍人、国籍問わず、沖縄戦などで死没した全ての人々の氏名を刻む「平和の礎」…
  2.  2022年“選挙イヤー”の沖縄で最大の政治決戦となる9月11日の県知事選は、米軍普天間飛…
  3.  今年で本土復帰から50年の節目を迎える沖縄。9月11日には14回目の県知事選挙が行われる…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ