竹富町長ら6人を官製談合防止法違反で逮捕

 
沖縄県警本部

 沖縄県警捜査二課は、2020年に竹富町が発注した「竹富海底送水管更新工事」に関する入札情報を事前に業者側に漏えいしたとして西大舛高旬町長と受注業者ら合わせて6人を官製談合防止法違反などの容疑で13日に逮捕した。

 13日、逮捕されたのは、西大桝容疑者(74)の他に、宮古島市の建設会社代表取締役の男(69)、竹富町の漁業の男(75)、いずれも大手エンジニアリング会社・JFEエンジリニアリング社員ら3人。 

西大桝高旬容疑者 2020年3月

 捜査関係者によると、2020年5月に竹富町が発注した「海底送水管更新工事」の指名競争入札で、西大桝容疑者が兼本容疑者を介してJFEエンジニアリングの岡野容疑者らに最低制限価格を伝え、公正な入札を妨害したとされる。入札はJFEエンジニアリングが6億7288万円で落札。県警は西大桝氏が業者側と複数回にわたり会食していたことを把握しており、内偵捜査を進めていた。

 海底送水管更新工事は、竹富島と石垣島を結ぶ4251メートルの送水管を敷設するもの。竹富島や西表島、黒島などの離島からなる竹富町では、生活用水の確保のために離島間を海底送水管でつないでいるが、いずれも敷設から40年ほどが経ち老朽化していたことから近年は更新工事を進めていた。

 すでに2018年には水源のある西表島から新城島を経て黒島に至る送水管の更新工事が完了し、談合が行われたとされる、竹富島と石垣島を結ぶ送水管の更新工事が進行中である。さらに西表島と小浜島や鳩間島を結ぶ送水管の更新工事も計画されている。

 西大桝氏は1990年に町議会議員に初当選。町議会議長を経て2016年に町長に初当選。20年に無投票で再選を果たしていた。

 県警は談合容疑だけでなく、西大舛容疑者と業者の間で金銭などの授受の有無についても調べる方針だ。

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

おすすめ記事

  1.  10月1日、株式会社プロアライアンスと琉球朝日放送株式会社(QAB)が協同して構築した、…
  2.  「久しぶりー!」「元気だったー!?」と、賑やかな声が飛び交う。10月2日に開催される「沖…
  3.  安室奈美恵、MAX、DA PUMP、SPEED、知念里奈、三浦大知…沖縄発で今現在も大活…
  4.  感染者数は依然として収束を見ないが、「ウィズコロナ」の広がりから徐々に国内からの入域客数…
  5.  サッカーJ2のFC琉球が、いよいよ崖っぷちに追い込まれた。  琉球は9月18日、沖…

特集記事

  1.  敵味方、民間人、軍人、国籍問わず、沖縄戦などで死没した全ての人々の氏名を刻む「平和の礎」…
  2.  2022年“選挙イヤー”の沖縄で最大の政治決戦となる9月11日の県知事選は、米軍普天間飛…
  3.  今年で本土復帰から50年の節目を迎える沖縄。9月11日には14回目の県知事選挙が行われる…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ