戦前戦後、変わる景色と変わらぬ空間 マチナトハウジングシリーズ③

 
1977年の航空写真に現在の施設をマーキングしてみた

 マチナトハウジングシリーズ第三弾は、上之屋・安里エリアの戦後の移り変わりを感じられる空間をいくつか紹介しよう。このエリアの一部には、1980年代まで米軍マチナトハウジングの南端と上之屋ハウジングがあり、集落とベースハウジングが隣り合う特殊な場所であった。

 現在、上之屋の小高い丘上にある巨大な泊配水池は、元々戦前に建てられた泊浄水場であった。沖縄戦によって破壊され、一時米軍管轄になった後沖縄に返還された。戦前から同様の機能を維持し続ける数少ない存在だ。配水池から南向けに、古い家屋も残る住宅街へと下っていくと、新旧の時代を感じる二つの公園が現れる。

宮古島のあやぐが鳴り響いた森

 一つ目は、新都心には似つかわしくないほど緑が生い茂る「タカマサイ公園」だ。タカマサイとは、宮古島出身の人物名だと言われている。

 察度王統時、宮古島から初めて與那覇勢頭豊見親という豪族が中山へ入貢したが、王府の人間とは言葉が通じなかったという。そこで、與那覇勢頭豊見親は自身の家臣である高真佐利屋(タカマサイ)に中山の言葉を学ばせ通訳にした。高真佐利屋は離れ故郷への哀愁からか夜な夜な狼煙台に登っては、宮古島に向かって「あやぐ(宮古の言葉で「歌」の意)」を歌ったと言われている。

 その狼煙台こそが現在の泊配水池であり、彼らの屋敷跡がタカマサイ公園として整備されている。敷地内にある拝所は、與那覇勢頭豊見親の子孫や郷友会によって管理されている。

タカマサイ公園内にある拝所

 ハウジング敷地内だった頃の写真にもしっかりと森が写っており、米軍も神聖な場所という認識で手付かずで残したことを感じられる空間だ。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2 3

関連記事

おすすめ記事

  1.  慰霊の日が近づくと、沖縄戦を語り継ぐことの大切さが毎年のように課題として挙げられる。戦後…
  2.  7月10日投開票の参議院議員選挙が22日、公示される。沖縄選挙区は現職の伊波洋一氏(70…
  3.  「月桃ゆれて 花咲けば 夏のたよりは 南風」-。鎮魂や反戦、平和への願いを込めた海勢頭豊…
  4.  国際通りの真ん中に位置するビル。エレベータを降りて2、3歩足を進めると、100席余のテー…
  5.  求人サイト「オキナビ」の運営などを行う株式会社プロアライアンス(大城佑斗代表)と沖縄県内…

特集記事

  1. 県庁
     今後10年の沖縄振興の指針となる新たな振興計画「新・沖縄21世紀ビジョン基本計画」(第6…
  2.  5月15日に東京と沖縄をオンラインで繋いで開かれた「沖縄復帰50周年記念式典」。壇上の大…
  3. 「沖縄県だけ特別措置を作ってもらっている現状をどう認識するのか。復帰50年を過ぎてもまだ国…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ