11店30メニュー 動くフードコート「tototola.okinawa」

 

 テイクアウトや配達など、外食に変わって「中食」の需要が高まる中、有限会社池田食品(瑞慶覧宏至代表、西原町)は5月から、県内さまざまな飲食店の看板メニューを一括して販売するフードカー「tototola.okinawa」を本格稼働させている。もともと豆腐の移動販売でノウハウを蓄積していた同社が、コロナ禍を受けて得意分野を発揮させた形だ。スタート時点で11店舗30メニューが集まり、飲食店と街の購買者をつないでいる。

多彩なメニュー 一括移動販売

 提携する飲食店がメニューをtototola.okinawaに納品し、それを移動販売車が県内各地で販売する県内初の試みだ。イメージするのは‘動くフードコート’だ。事前にリクエストすれば施設や事業所に来てもらうことも可能。
 毎週木曜・金曜に稼働しており、現在のエリアは那覇・浦添・西原・与那原。販売先はSNSで発信しており、ゆくゆくは位置情報サービスを活用したリアルタイム情報も実装するという。

 瑞慶覧代表は「洋食屋タロウ、琉京甘味処サンスーシィ、栄町新小屋など、食の探求心が高いお客さんの舌を唸らせる飲食店をセレクトしています。基準は、美味しくて地域に愛されていること。僕自身も気持ちが高ぶるお店に参画してもらいました」と話す。

瑞慶覧宏至代表

 コロナ禍で落ち込む外食業界では、テイクアウトを強化するなど対策を打ってきたが、ただでさえ集客が少ない中で店頭以外での販売方法を模索してきた。瑞慶覧さんが代表を務める池田食品では、豆腐製品の移動販売が事業の柱になっており、コロナ以前から移動販売のノウハウを蓄積してきた。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2 3

関連記事

おすすめ記事

  1.  慰霊の日が近づくと、沖縄戦を語り継ぐことの大切さが毎年のように課題として挙げられる。戦後…
  2.  7月10日投開票の参議院議員選挙が22日、公示される。沖縄選挙区は現職の伊波洋一氏(70…
  3.  「月桃ゆれて 花咲けば 夏のたよりは 南風」-。鎮魂や反戦、平和への願いを込めた海勢頭豊…
  4.  国際通りの真ん中に位置するビル。エレベータを降りて2、3歩足を進めると、100席余のテー…
  5.  求人サイト「オキナビ」の運営などを行う株式会社プロアライアンス(大城佑斗代表)と沖縄県内…

特集記事

  1. 県庁
     今後10年の沖縄振興の指針となる新たな振興計画「新・沖縄21世紀ビジョン基本計画」(第6…
  2.  5月15日に東京と沖縄をオンラインで繋いで開かれた「沖縄復帰50周年記念式典」。壇上の大…
  3. 「沖縄県だけ特別措置を作ってもらっている現状をどう認識するのか。復帰50年を過ぎてもまだ国…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ