11店30メニュー 動くフードコート「tototola.okinawa」

 

 テイクアウトや配達など、外食に変わって「中食」の需要が高まる中、有限会社池田食品(瑞慶覧宏至代表、西原町)は5月から、県内さまざまな飲食店の看板メニューを一括して販売するフードカー「tototola.okinawa」を本格稼働させている。もともと豆腐の移動販売でノウハウを蓄積していた同社が、コロナ禍を受けて得意分野を発揮させた形だ。スタート時点で11店舗30メニューが集まり、飲食店と街の購買者をつないでいる。

多彩なメニュー 一括移動販売

 提携する飲食店がメニューをtototola.okinawaに納品し、それを移動販売車が県内各地で販売する県内初の試みだ。イメージするのは‘動くフードコート’だ。事前にリクエストすれば施設や事業所に来てもらうことも可能。
 毎週木曜・金曜に稼働しており、現在のエリアは那覇・浦添・西原・与那原。販売先はSNSで発信しており、ゆくゆくは位置情報サービスを活用したリアルタイム情報も実装するという。

 瑞慶覧代表は「洋食屋タロウ、琉京甘味処サンスーシィ、栄町新小屋など、食の探求心が高いお客さんの舌を唸らせる飲食店をセレクトしています。基準は、美味しくて地域に愛されていること。僕自身も気持ちが高ぶるお店に参画してもらいました」と話す。

瑞慶覧宏至代表

 コロナ禍で落ち込む外食業界では、テイクアウトを強化するなど対策を打ってきたが、ただでさえ集客が少ない中で店頭以外での販売方法を模索してきた。瑞慶覧さんが代表を務める池田食品では、豆腐製品の移動販売が事業の柱になっており、コロナ以前から移動販売のノウハウを蓄積してきた。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2 3

関連記事

おすすめ記事

  1.  新型コロナウイルスの影響で国境を越えた移動が難しくなり、沖縄にほど近い台湾との交流も未だ…
  2.  2020年から継続して新型コロナウイルスの影響を直接受け続け、2021年も大きな打撃を受…
  3.  沖縄県教育委員会が琉球王国の外交文書集『歴代宝案』を中心とした歴史資料と、沖縄戦で失われ…
  4.  沖縄初のプロ野球球団として2019年に発足した琉球ブルーオーシャンズ。しかし、新型コロナ…
  5.    去年6月に結成された県内初の社会人アメリカンフットボールチーム「琉球ガーディア…
琉球海運_広告国場組大寛組前田鶏卵
琉球海運_広告国場組前田鶏卵大寛組

特集記事

  1.  2021年7月、「奄美大島、徳之島、沖縄島北部および西表島」がユネスコ(国連教育科学文化…
  2.  日本の子供を取り巻く危機的状況を打開すべく、菅前首相の大号令で突如動き出したこども家庭庁…
  3.  政府は昨年12月21日、子供政策の司令塔となる「こども家庭庁」の創設に向けた基本方針を閣…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ