水道なしで手洗い除菌 循環型ポータブル手洗いスタンド「WOSH」

 

 水の処理装置製造と開発を手掛けている東京都の「WOTA」は、水循環型ポータブル手洗いスタンド「WOSH」の説明会を那覇市内で開いた。WOSHはタンク内の水を循環再生処理をすることで、水道がなくとも使用できるのが特徴。動力源は電気で、家庭用電源が確保できれば稼働できる。WOTAセールスマネジャーの渡邊賀括さんは「多くの観光客が訪れる沖縄で、今後どこでも手洗いできるように広がってほしい」と話す。

20Lで500回衛生的な水を供給

 WOSHには約20Lの水をタンクに入れ、使用した水の98%以上を除菌して循環させ500回程度の手洗いが可能。ハンドソープも用意されている。
 浄化は膜ろ過、塩素添加、紫外線照射の3段階の再生処理機能を搭載している。浄化フィルターに負担がかかる汚れた水は廃水として処理するなど、常時AIとセンサーで水質が制御・管理される。飲料水としての使用は想定していないが、水質についてはWHOの飲料水ガイドラインや各国の飲料水基準に準じた衛生的な水を再生できるという。

 水をセットした状態での重さは約100kgで、素材にドラム缶を使うことでコストを抑えながら、今後の大量生産も見据えている。稼働に必要な電気は100Vの家庭用電源で、蓄電池でも動かすことができるため、災害時の活用も可能だ。

 運用・手入れは、水を入れる以外にフィルターを交換する作業が必要となるが、ワンタッチで簡易的にできるほか、AIが交換時期を通知する機能も備えている。
 「導入している飲食店では、高校生のアルバイトでも簡単に取り替えています」(渡邊さん)

水循環型ポータブル手洗いスタンド「WOSH」
Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2

関連記事

おすすめ記事

  1.  沖縄県内各地域で受け継がれてきたその土地の言葉「しまくとぅば」。文化やアイデンティティの…
  2. サッカーの沖縄キャンプをPRする(左から)まーちゃん、尾形貴弘さん、髙原直泰さん=1月10日、豊見…
  3.  台湾の金門島をご存じでしょうか?「台湾の」と書きましたが、島の位置としては「え?なんでここが台湾…
  4.  沖縄の「長寿県」という称号はもはや過去のものとなった。厚生労働省が12月23日に発表した…
  5.  年末が差し迫ってきて「そろそろ大掃除の時期だな…」と感じ始めている人も多くなっている今日…

特集記事

  1.  八千代エンジニヤリング株式会社(東京都)はこのほど、琉球大学工学部の神谷大介准教授と共同…
  2. 今年の正月に首里城で開かれた「新春の宴」にて  2022年は観光業界だけでなく、経済界も含め…
  3.  沖縄県と沖縄観光コンベンションビューロー(OCVB)は1月4日、首都圏・阪神圏在住の現在…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ