那覇空港にシェアオフィス&創業支援拠点 Lagoon Airport

 

 創業支援やコワーキングスペース運営などを行う「Startup Lab Lagoon」(沖縄市)は8月1日、新たな拠点施設「Lagoon Airport」を那覇空港内にオープンさせた。沖縄市の「lagoon Koza」、那覇市の「lagoon NAHA」に続く3拠点目となる。

  那覇空港旅客ターミナルビル国際線エリアの4階フードコートの一部をシェアオフィス化。無料のコワーキングスペースとしての機能も持つ。沖縄の玄関口である那覇空港に拠点を設けることで、県外企業とのビジネスマッチングも期待できる。

那覇空港旅客ターミナルビル国際線エリア4階 サウスフードコート内に構えられた「Lagoon Airport」

空港拠点を含め県内各機関と連携

 2019年に商業支援やスタートアップコミュニティの構築を目指して、官民連携で沖縄市コザにオープンした「Startup Lab Lagoon」。県内で多拠点展開する中で、空の玄関口である那覇空港に3拠点目を開設し、人材交流や経営課題解決の一端を担う。「Startup Lab Lagoon」の総合窓口・事務局もここの「Lagoon Airport」に有し、スタートアップに関する幅広い相談も受け付けている。

 常駐するコミュニティマネージャーが、事業課題や業界ニーズなどのヒヤリングを行うことで、県内外の利用者に向けてビジネス展開サポートや各関連機関への橋渡しなどを行う。

 8月に開設されたばかりだが、すでに成果が生まれているという。コミュニティマネージャーの浦崎共行さんは次のように話す。

「県外のスタートアップ企業が、沖縄でビジネス展開をして間もない頃に『沖縄県内のエンジニアを見つけたい』という課題を持っていました。そこで私たちは、ISCO(沖縄ITイノベーション戦略センター)が運営している、企業の課題解決を図るマッチングサイトに登録するよう案内を掛けました。課題を持つ側と、こちらのネットワーク内にある課題解決力を持つ事業者とが手を結べるように働きかけました。このように各所と連携して、橋渡しをしていきます」

コミュニティマネージャーの浦崎共行さん

 沖縄の空の玄関口で傍らに航空機を眺めながら、仕事やビジネス交流ができる。

 営業時間は10時〜19時で定休日は土日祝。問い合わせは(https://startup-lagoon.okinawa/contact/)まで。

Print Friendly, PDF & Email

ナガハマ ヒロキ

投稿者記事一覧

ナガハマヒロキ
ラジオパーソナリティ・ライター。
担当番組は、ナガハマヒロキの週刊リッスン(RBCiラジオ)、しんちゃんヒロちゃんごきげんラジオ(ROK)、Connect(FM沖縄、金曜日担当)など。
喋り手・書き手として豊富な取材経験を持ち、対象を当事者の視点から捉えた切り口で幅広く執筆を行う。趣味は競馬と大相撲観戦。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1.  沖縄県内各地域で受け継がれてきたその土地の言葉「しまくとぅば」。文化やアイデンティティの…
  2. サッカーの沖縄キャンプをPRする(左から)まーちゃん、尾形貴弘さん、髙原直泰さん=1月10日、豊見…
  3.  台湾の金門島をご存じでしょうか?「台湾の」と書きましたが、島の位置としては「え?なんでここが台湾…
  4.  沖縄の「長寿県」という称号はもはや過去のものとなった。厚生労働省が12月23日に発表した…
  5.  年末が差し迫ってきて「そろそろ大掃除の時期だな…」と感じ始めている人も多くなっている今日…

特集記事

  1.  八千代エンジニヤリング株式会社(東京都)はこのほど、琉球大学工学部の神谷大介准教授と共同…
  2. 今年の正月に首里城で開かれた「新春の宴」にて  2022年は観光業界だけでなく、経済界も含め…
  3.  沖縄県と沖縄観光コンベンションビューロー(OCVB)は1月4日、首都圏・阪神圏在住の現在…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ