沖縄銀行単体は増益 OFGが22年3月期連結決算発表

 

 おきなわフィナンシャルグループ(OFG、山城正保社長)は11日、子会社を含めた2022年3月期の連結決算を発表した。経常収益は504億8千万円、経常利益は80億400万円、当期純利益は50億1200万円。同グループは2021年10月に沖縄銀行の単独株式移転により設立されたため、前期との増減比率はない。

与信費用の圧縮で利益押し上げ

 銀行単体の経常利益は6.9%増の67億9900万円、当期純利益は2.0%増の46億1400万円。与信費用が25.5%減の18億2千万円と圧縮したことなどが押し上げ要因となった。

 本業の儲けを示すコア業務純益は12.1%減の76億7千万円だった。

 OFGは当期の県経済について「個人消費では巣ごもり需要の反動や耐久消費財の供給制限などにより弱さが見られました。建設関連は民間工事に弱い動きが続き、観光関連は新型コロナの感染拡大の影響下から持ち直しの動きが停滞しています。総じて、県内景況は厳しい状況が続いており、守り直しの動きに弱さが見られる状況となりました」と分析した。

23年3月期、コア業務純益増見込む

 2023年3月期の業績予想は、連結で経常収益が2.1%減の494億円、経常利益が6.2%増の75億円、当期純利益が2.2%減の49億円。

 銀行単体では経常収益が3.7%減の344億円、経常利益は4.4%減の65億円、当期純利益は2.5%減の45億円とした。コア業務純益は0.4%増の77億円を見込む。

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

おすすめ記事

  1.  沖縄県内各地域で受け継がれてきたその土地の言葉「しまくとぅば」。文化やアイデンティティの…
  2. サッカーの沖縄キャンプをPRする(左から)まーちゃん、尾形貴弘さん、髙原直泰さん=1月10日、豊見…
  3.  台湾の金門島をご存じでしょうか?「台湾の」と書きましたが、島の位置としては「え?なんでここが台湾…
  4.  沖縄の「長寿県」という称号はもはや過去のものとなった。厚生労働省が12月23日に発表した…
  5.  年末が差し迫ってきて「そろそろ大掃除の時期だな…」と感じ始めている人も多くなっている今日…

特集記事

  1.  八千代エンジニヤリング株式会社(東京都)はこのほど、琉球大学工学部の神谷大介准教授と共同…
  2. 今年の正月に首里城で開かれた「新春の宴」にて  2022年は観光業界だけでなく、経済界も含め…
  3.  沖縄県と沖縄観光コンベンションビューロー(OCVB)は1月4日、首都圏・阪神圏在住の現在…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ