沖縄銀行単体は増益 OFGが22年3月期連結決算発表

 

 おきなわフィナンシャルグループ(OFG、山城正保社長)は11日、子会社を含めた2022年3月期の連結決算を発表した。経常収益は504億8千万円、経常利益は80億400万円、当期純利益は50億1200万円。同グループは2021年10月に沖縄銀行の単独株式移転により設立されたため、前期との増減比率はない。

与信費用の圧縮で利益押し上げ

 銀行単体の経常利益は6.9%増の67億9900万円、当期純利益は2.0%増の46億1400万円。与信費用が25.5%減の18億2千万円と圧縮したことなどが押し上げ要因となった。

 本業の儲けを示すコア業務純益は12.1%減の76億7千万円だった。

 OFGは当期の県経済について「個人消費では巣ごもり需要の反動や耐久消費財の供給制限などにより弱さが見られました。建設関連は民間工事に弱い動きが続き、観光関連は新型コロナの感染拡大の影響下から持ち直しの動きが停滞しています。総じて、県内景況は厳しい状況が続いており、守り直しの動きに弱さが見られる状況となりました」と分析した。

23年3月期、コア業務純益増見込む

 2023年3月期の業績予想は、連結で経常収益が2.1%減の494億円、経常利益が6.2%増の75億円、当期純利益が2.2%減の49億円。

 銀行単体では経常収益が3.7%減の344億円、経常利益は4.4%減の65億円、当期純利益は2.5%減の45億円とした。コア業務純益は0.4%増の77億円を見込む。

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

おすすめ記事

  1.  サッカーJ3のFC琉球が、第2次金鍾成(キン・ジョンソン)監督体制下の初陣を白星で飾った…
  2. 今季から琉球ゴールデンキングスに加入したアレックス・カーク(左から2人目)やヴィック・ローら=16…
  3.  FC琉球の監督が、また代わった。  サッカーJ3で20チーム中18位に沈む琉球は1…
  4. 戦前に首里城正殿前に設置されていたバスケットボールゴールを再現した首里高校の生徒ら=8月27日、那…
  5.  8月12日、浦添市のアイム・ユニバースてだこホール市民交流室は熱気が渦巻いていた。ステー…
宮古毎日新聞

特集記事

  1. 再びFC琉球の指揮を執ることになり、トレーニング中に選手たちに指示を送る金鍾成監督=19日、東風平…
  2. ヴィック・ロー(中央)の入団会見で記念撮影に応じる琉球ゴールデンキングスの(左から)安永淳一GM、…
  3. 沖縄県庁  沖縄県は、地域の緊張を和らげようと、4月から「地域外交室」を設置し、照屋義実副知…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ