ブルーシールがコラボ商品を出し続ける理由とは?山本社長に聞く

 

 「ブルーシールアイスクリーム」を展開するフォーモスト・ブルーシール株式会社(浦添市、山本隆二社長)は、地元沖縄の事業者とコラボした新商品を立て続けに発売するなど、「沖縄のアイス」としての戦略を加速させている。背景には、昨年から続くコロナ禍で観光関連の売上が激減した結果、改めて地元のアイスクリームメーカーとして「わったー(我々の)アイス」としてあり続ける決意を新たにしたからだ。就任から約2カ月が経った山本社長に、沖縄のアイスメーカーたる矜持を聞いた。

フォーモスト・ブルーシール株式会社の山本隆二社長

「千手観音のように手を取り合って」

 同社は3月に数量限定で、浦添市の「沖縄セラードコーヒー」が監修した、人気商品「ポーラベアー」の新フレーバー・カフェラテを数量限定で発売した。4月には本部町や町内事業者と協同で、町の特産であるアセローラとカーブチーをその味に取り入れたシャーベット「やんばるダブルシャワー」、県産のグァバ・シークヮーサーを各フレーバーにしたアイスバーを相次いで発売。より「沖縄色」を強めた商品展開をしている。

「沖縄セラードコーヒー」が監修した「ポーラベアー」カフェラテフレーバー(同社HPより)
県産のグァバとシークヮーサーをフレーバーにしたアイスバー(同)

 これについて山本社長は、ブルーシールが沖縄の歴史と共に歩んできたことを踏まえながら「沖縄の人に『わったーアイス』と思って頂けるように、なるべく地元のみなさんとつながって一緒に商品を作りたいと思います。(腕がたくさんある)千手観音のように、たくさんの人々や事業者と手を取り合って、点と点をつなぎ合わせることで、沖縄の企業さんと一緒に地元を盛り上げていけたらとの思いです」と話す。「全国展開の大手アイスメーカーではなく、沖縄のブルーシールだから実現できることだと思うんです」と、戦後間もない1948年以来、長年沖縄に根を貼ってきた同社の自負が表れている。

 シークヮーサーとグァバのアイスバーの売上の一部は、沖縄県内のこどもの貧困解消を目指す取り組み「沖縄こども未来プロジェクト」に寄付するなど、社会貢献活動も続ける。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2 3

関連記事

おすすめ記事

  1.  世界中から沖縄県系人や、沖縄にゆかりのある人が集結する「第7回世界のウチナーンチュ大会」…
  2. スターラックスの初便で台北から到着した乗客たち  台湾の新興航空会社「スターラックス航空」が…
  3.  サッカーJ2のFC琉球が、J3降格圏内となる22チーム中21位で今季を終えた。10月23…
  4.  無駄のない美しいフォームから繰り出す伸びのあるストレートに、スライダー、カーブなど多彩な…
  5.  「最高に幸せでしたぁーー!!」。宜野湾コンベンションセンターのステージ上でたくさんの出演…

特集記事

  1. 観光事業者の代表が集まる「沖縄ツーリズム産業団体協議会」 「観光客が戻っていても、観光業界の…
  2.  環境省は24日、石垣島沖にある国内最大のサンゴ礁海域「石西礁湖(せきせいしょうこ)」を9…
  3.  23日に投開票される那覇市長選。届出順に無所属新人で「オール沖縄」勢力が支援する前県議の…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ