ブルーシールがコラボ商品を出し続ける理由とは?山本社長に聞く

 

 「ブルーシールアイスクリーム」を展開するフォーモスト・ブルーシール株式会社(浦添市、山本隆二社長)は、地元沖縄の事業者とコラボした新商品を立て続けに発売するなど、「沖縄のアイス」としての戦略を加速させている。背景には、昨年から続くコロナ禍で観光関連の売上が激減した結果、改めて地元のアイスクリームメーカーとして「わったー(我々の)アイス」としてあり続ける決意を新たにしたからだ。就任から約2カ月が経った山本社長に、沖縄のアイスメーカーたる矜持を聞いた。

フォーモスト・ブルーシール株式会社の山本隆二社長

「千手観音のように手を取り合って」

 同社は3月に数量限定で、浦添市の「沖縄セラードコーヒー」が監修した、人気商品「ポーラベアー」の新フレーバー・カフェラテを数量限定で発売した。4月には本部町や町内事業者と協同で、町の特産であるアセローラとカーブチーをその味に取り入れたシャーベット「やんばるダブルシャワー」、県産のグァバ・シークヮーサーを各フレーバーにしたアイスバーを相次いで発売。より「沖縄色」を強めた商品展開をしている。

「沖縄セラードコーヒー」が監修した「ポーラベアー」カフェラテフレーバー(同社HPより)
県産のグァバとシークヮーサーをフレーバーにしたアイスバー(同)

 これについて山本社長は、ブルーシールが沖縄の歴史と共に歩んできたことを踏まえながら「沖縄の人に『わったーアイス』と思って頂けるように、なるべく地元のみなさんとつながって一緒に商品を作りたいと思います。(腕がたくさんある)千手観音のように、たくさんの人々や事業者と手を取り合って、点と点をつなぎ合わせることで、沖縄の企業さんと一緒に地元を盛り上げていけたらとの思いです」と話す。「全国展開の大手アイスメーカーではなく、沖縄のブルーシールだから実現できることだと思うんです」と、戦後間もない1948年以来、長年沖縄に根を貼ってきた同社の自負が表れている。

 シークヮーサーとグァバのアイスバーの売上の一部は、沖縄県内のこどもの貧困解消を目指す取り組み「沖縄こども未来プロジェクト」に寄付するなど、社会貢献活動も続ける。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2 3

関連記事

おすすめ記事

  1.  「指笛の吹き方講座!あなたも必ず吹けます♪」「沖縄県民に『沖縄あるある』聞いたら共感しか…
  2. 沖縄県議会
     開会中の沖縄県議会9月定例会は21、22日と代表質問が行われた。11人の県議が質問に立ち…
  3.  11月までに予定される衆院選を前に、沖縄県内の政局に波紋が広がっている。辺野古の基地建設…
  4.  「年中ビーチバレーが楽しめる沖縄に移住して、ちょこっと6人制バレーもやれたらいい…
  5.  沖縄の行事や観光映画などを収めた古い映像資料の修復・保存を数多く担う東京の業者がある。株…
琉球海運_広告国場組大寛組前田鶏卵
前田鶏卵琉球海運_広告国場組大寛組

特集記事

  1.  地球温暖化に対する危機感はいまや世界中で共有され、2015年のパリ協定を契機に、…
  2. 「国と県による営業妨害がもう1年半も続いているという感覚。沖縄県はコロナ対策としてやってる…
  3. 文部科学省
     教員免許に10年の“有効期限”を設け、更新しなければ失効してしまうという教員免許更新制度…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ