「沖縄観光をもっと便利に」 MaaS実証事業、県内全域へエリア拡大

 

 情報通信技術を活用した次世代移動サービス「沖縄MaaS(マース)」の実用化を目指す、沖縄MaaS事業連携体は17日、那覇市内で記者会見を行い、沖縄本島で昨年12月から開始したサービスに、先島地区や沖縄本島周辺離島のバスやタクシー、船舶事業者、沖縄本島の商業施設などを加えたほか、検索・地図機能も追加したと発表した。

 MaaSとは、インターネットを活用し、複数の交通手段を組み合わせて目的地までの経路を選ぶほか、提携している事業者には事前に支払いも行えるサービス。同サイトでは、目的地を入力すれば、バスやモノレールを使った複数の行き方を選ぶことができ、お得なチケットやクーポンを購入することも可能となっている。

 同事業の担当者は「アプリではなく、ウェブサービスということで観光客の方も簡単にアクセスできるサービスとして提供している。メールアドレスとパスワードのみで簡単に登録でき、誰でもすぐチケットの購入などができるようになっている」語った。

 また、「例えば、エリアで『伊江島』を選択すると、『伊江島観光セット』ということでモノレール、バス、フェリーなどのセット券が買えたり、単体での購入もできたりする」と利便性を強調した。

エリアが拡大し、対象施設も増加

 同事業は、国土交通省の「2020年度日本版MaaS推進・支援事業」で採択された実証事業で、県では昨年12月23日から沖縄本島でモノレールやバス、観光施設を対象にスマートフォンで予約・決済できる次世代移動サービスを開始したもの。期限を当初の3月31日から9月30日に延長し、実用化に向けて取り組んでいる。

 これまで同事業に参加していたのは、沖縄都市モノレール、東京バス、やんばる急行バスのほか、首里城公園と沖縄美ら海水族館などだった。今回、交通事業者として先島地区で営業する13社、本島周辺離島の4社が参加して、エリアが大幅に拡大した。

 また、対象となる施設等には、浦添市美術館や今帰仁城跡、ナゴパイナップルパーク、竹富島入島料などが追加された。クーポン提供先として、イーアス沖縄豊崎、沖縄アウトレットモールあしびなーの2施設と浦添市、今帰仁村の2地域が参加することも決まった。

 会見で、同事業連携体の代表会社である沖縄都市モノレールの美里義雅社長は「観光客や県民に新しい生活様式の一つとして沖縄MaaSが便利に活用されるよう、引き続き、実証事業の成功と今後の地域発展のために取り組んでいく」とあいさつした。

 琉球銀行の川上康頭取は「今回は離島からも参加があり、沖縄全土に広がり非常にうれしく思っている。人の流れが本格化して移動が盛んになった時に、便利なプラットフォームが観光客の消費を呼び、県経済の活性化につながることを期待している。10月から本格的に稼働できるよう全力を尽くしたい」と意気込みを語った。

 沖縄MaaSのホームページ
 https://service.paycierge.com/okinawa-maas/

(記事・写真 宮古毎日新聞)

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

おすすめ記事

  1.  慰霊の日が近づくと、沖縄戦を語り継ぐことの大切さが毎年のように課題として挙げられる。戦後…
  2.  7月10日投開票の参議院議員選挙が22日、公示される。沖縄選挙区は現職の伊波洋一氏(70…
  3.  「月桃ゆれて 花咲けば 夏のたよりは 南風」-。鎮魂や反戦、平和への願いを込めた海勢頭豊…
  4.  国際通りの真ん中に位置するビル。エレベータを降りて2、3歩足を進めると、100席余のテー…
  5.  求人サイト「オキナビ」の運営などを行う株式会社プロアライアンス(大城佑斗代表)と沖縄県内…

特集記事

  1. 県庁
     今後10年の沖縄振興の指針となる新たな振興計画「新・沖縄21世紀ビジョン基本計画」(第6…
  2.  5月15日に東京と沖縄をオンラインで繋いで開かれた「沖縄復帰50周年記念式典」。壇上の大…
  3. 「沖縄県だけ特別措置を作ってもらっている現状をどう認識するのか。復帰50年を過ぎてもまだ国…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ