オリオン新商品DOSEE 国内未開拓ジャンルを沖縄から突破

 
同社HPより

 オリオンビール株式会社(豊見城市、早瀬京鋳社長)は23日、新感覚のアルコール飲料「DOSEE(ドゥ―シー)」を沖縄県と関東地区の一都三県で同時発売する。低アルコール度数の炭酸飲料「ハードセルツァー」というジャンルで、若者をターゲットに見据えて、国内では大手メーカーが未開拓の市場に初めて本格参入する。

アメリカで大人気「2019年頃から」

 同社によると、ハードセルツァーの特徴として低カロリー、低糖類・低糖質、バラエティに富んだフレーバー、甘さ控えめ、パッケージデザインのスタイリッシュさが挙げられる。アメリカでは若者を中心に“ビールの代替品”としても人気を集め、大小を問わず多くのメーカーが続々と商品を発売しているという。

 アメリカのペンシルバニア州在住で県出身のジェニファー・リーニングさん(34)は「特に若い女性を中心に2019年頃から人気が出始めました。カロリーが低くてさっぱりしているのが人気の秘訣だと思います」と本場の現地事情を語る。

 DOSSEブランドとしては今回、シークヮーサー、グレープフルーツ、アセロラの3種類をラインナップした。沖縄の言葉で友だちを意味する「どぅし」ともかけられ、担当者は「コロナ禍で今は難しいかもしれないですが、みんなで楽しく飲んでほしいとの思いを込めています」と話す。県産月桃のエキスも使用し、飲みごたえをプラスした。

 アルコール度数は2%。これまではチューハイのWATTAブランドで3%の商品はあったが、それ以上に低い度数となっている。

若者の「低アルコール指向」に合わせて

 このような低アルコール度数商品の誕生背景の一つには、若年層の飲酒との向き合い方の変化がある。
 同社が昨年6月に実施した調査によると、「アルコール度数が低めのお酒を選びたい」としたのは、ジェネレーションZ(20~24歳)で約45%、ミレニアル世代(25~36歳)で約30%と、それ以上の世代がおおむね20~25%なのに対して高い傾向があったことを踏まえ「ナチュラル&健康志向」をテーマに商品開発を進めた。

 オリオンビールは、健康被害を予防する観点から、2020年1月にも9%の高度数チューハイの生産を終了していた。

たくさんの「初めて」を詰める

 DOSEEには、オリオンビールにとって初めてとなる試みがいくつかある。

 ハードセルツァーの発売、握りやすい細身の250ml缶の採用の他、県内外同時発売も同社初の試みだ。発売前後に合わせて、都内で試飲会やサンプリングも積極的に行い、広告を車体にラッピングして街中を走るアドカーには「日本のハードセルツァーはオリオンから!」との文言を踊らせた。

若い社員の発案で

 DOSEEの誕生の発端には、若い社員からの提案もあった。

 マーケティング本部オリオン・ブランドマネジメント課の新垣壱馬さんは一昨年、ビール醸造の研修で向かったアメリカで、ハードセルツァーというカテゴリーを知った。バーやスーパーでは当たり前のように並んでおり「もうすでに流行っていて、若い人たちに人気がありました」と知見を蓄えた。

アメリカ研修時を振り返る新垣壱馬さん

 同課の吉田直樹課長は「昨年末から開発を進めていました。業界的には存在自体は以前から知られていたため『いつ他のメーカーが出してもおかしくない』という状況でした」と振り返り、国内市場を沖縄から突破していく。

Print Friendly, PDF & Email

長濱 良起

投稿者記事一覧

フリーランス記者。
元琉球新報記者。教育行政、市町村行政、基地問題の現場などを取材する。
琉球大学マスコミ学コース卒業後、県内各企業のスポンサードで世界30カ国を約2年かけて巡る。
2018年、北京・中央民族大学に語学留学。
1986年、沖縄県浦添市出身。著書に「沖縄人世界一周!絆をつなぐ旅!」(編集工房東洋企画)

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1. 「率直に言うと、玉城デニー知事のコロナ対応は失敗に他なりません」 そう厳しく批判するのは、…
  2. 「沖縄県内のとある小学校のミニバスケットボールチームの話です。大会で勝ち上がって県外遠征試…
  3.  新型コロナウイルス患者が適切な治療を受けられずに在宅で死亡するケースもある中、沖縄県北部…
  4. 「やっと外で飲めた~」「お店での生ビールは格別!乾杯ー!!」  10月2日の夕暮れ時…
  5.  「指笛の吹き方講座!あなたも必ず吹けます♪」「沖縄県民に『沖縄あるある』聞いたら共感しか…
琉球海運_広告国場組大寛組前田鶏卵
琉球海運_広告国場組大寛組前田鶏卵

特集記事

  1. 「率直に言うと、玉城デニー知事のコロナ対応は失敗に他なりません」 そう厳しく批判するのは、…
  2.  地球温暖化に対する危機感はいまや世界中で共有され、2015年のパリ協定を契機に、…
  3. 「国と県による営業妨害がもう1年半も続いているという感覚。沖縄県はコロナ対策としてやってる…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ