オンラインで離島めぐり!離島×ITで新しい離島旅行を推進

 

 本サイトで既報(https://hubokinawa.jp/archives/3894)の通り、県の令和2年度離島オンライン体験サポート事業」を受託して、株式会社パム・コークリエーションと株式会社アクティビティジャパンが共同事業体として離島の特色を生かしたオンライン体験プログラムを開始した。

 新型コロナウイルスの感染拡大になかなか歯止めがかからない中で、オンラインを通して非接触・非訪問で安全に離島の魅力を感じてもらおうというこの事業についてさらに詳しく紹介してみたい。

体験プラン作成サポートも。本事業の2つの狙い

 先日、伊平屋村島のクラスター発生が大きなニュースとなったが、新型コロナウイルス感染拡大における離島への来島自粛や入域客数の減少は、離島でアクティビティビジネスを行う人々にとって大きな痛手であることは容易に想像ができる。

 新型コロナウイルス問題による観光収益の鈍化はもとより、観光人材の休業・失業に伴う他業界への流出や提供できる観光サービスの低下、今後の観光人材の不足などの懸念を解決すべく立ち上がったのが本事業だ。

 本事業は、上記の懸念を抱く事業所を集め、コロナ禍における非接触型・非訪問型の「オンライン体験」(オンライン上で気軽にインストラクターやガイドと顔を合わせて会話を楽しみながら、その土地ならではの観光資源を疑似体験できる仕組み)をプラン作成時からサポートする。

 そこには2つの目的があり、ひとつは離島の安定的な観光収益の獲得だ。そしてもうひとつは、オンライン体験を実際に受けたお客が新型コロナウイルス終息後に「あの島に行って、実際に体験したい」と思わせ、ファンを獲得することである。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2 3

関連記事

おすすめ記事

  1.  「強烈な違和感を持った」 2022年度以降の沖縄振興計画をめぐって、去年12月30日に読…
  2.  沖縄のプロサッカーチームFC琉球のJ2昇格2年目のシーズンが終わった。22チーム中16位…
  3.  90年代、「DA.YO.NE」の楽曲でヒップホップ初のミリオンセラーを記録、紅白歌合戦出…
  4.  “沖縄の新たなエンターテインメント”を開拓すべく旗揚げから8年目を迎えた「琉球ドラゴンプ…
  5.  白・赤・青カラーのミニスカートワンピースに、夏らしさを感じさせるサンバイザー。「真夏にビ…

特集記事

  1.  緊急事態宣言が再発出される直前の1月7日、羽田空港からスカイマーク613便に乗って下地島…
  2.  「強烈な違和感を持った」 2022年度以降の沖縄振興計画をめぐって、去年12月30日に読…
  3.  ことし、26年間の歴史に幕を下ろした老舗ライブハウス「宜野湾HUMAN STAGE(ヒュ…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ