オンラインで離島めぐり!離島×ITで新しい離島旅行を推進

 

 本サイトで既報(https://hubokinawa.jp/archives/3894)の通り、県の令和2年度離島オンライン体験サポート事業」を受託して、株式会社パム・コークリエーションと株式会社アクティビティジャパンが共同事業体として離島の特色を生かしたオンライン体験プログラムを開始した。

 新型コロナウイルスの感染拡大になかなか歯止めがかからない中で、オンラインを通して非接触・非訪問で安全に離島の魅力を感じてもらおうというこの事業についてさらに詳しく紹介してみたい。

体験プラン作成サポートも。本事業の2つの狙い

 先日、伊平屋村島のクラスター発生が大きなニュースとなったが、新型コロナウイルス感染拡大における離島への来島自粛や入域客数の減少は、離島でアクティビティビジネスを行う人々にとって大きな痛手であることは容易に想像ができる。

 新型コロナウイルス問題による観光収益の鈍化はもとより、観光人材の休業・失業に伴う他業界への流出や提供できる観光サービスの低下、今後の観光人材の不足などの懸念を解決すべく立ち上がったのが本事業だ。

 本事業は、上記の懸念を抱く事業所を集め、コロナ禍における非接触型・非訪問型の「オンライン体験」(オンライン上で気軽にインストラクターやガイドと顔を合わせて会話を楽しみながら、その土地ならではの観光資源を疑似体験できる仕組み)をプラン作成時からサポートする。

 そこには2つの目的があり、ひとつは離島の安定的な観光収益の獲得だ。そしてもうひとつは、オンライン体験を実際に受けたお客が新型コロナウイルス終息後に「あの島に行って、実際に体験したい」と思わせ、ファンを獲得することである。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2 3

関連記事

おすすめ記事

  1.  10月1日、株式会社プロアライアンスと琉球朝日放送株式会社(QAB)が協同して構築した、…
  2.  「久しぶりー!」「元気だったー!?」と、賑やかな声が飛び交う。10月2日に開催される「沖…
  3.  安室奈美恵、MAX、DA PUMP、SPEED、知念里奈、三浦大知…沖縄発で今現在も大活…
  4.  感染者数は依然として収束を見ないが、「ウィズコロナ」の広がりから徐々に国内からの入域客数…
  5.  サッカーJ2のFC琉球が、いよいよ崖っぷちに追い込まれた。  琉球は9月18日、沖…

特集記事

  1.  敵味方、民間人、軍人、国籍問わず、沖縄戦などで死没した全ての人々の氏名を刻む「平和の礎」…
  2.  2022年“選挙イヤー”の沖縄で最大の政治決戦となる9月11日の県知事選は、米軍普天間飛…
  3.  今年で本土復帰から50年の節目を迎える沖縄。9月11日には14回目の県知事選挙が行われる…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ