個人で収集2万点 民俗資料博物館「物で後世に歴史を」

 

 名護市親川のさとうきび畑を抜けた先に、県内最大級の”私設博物館”がある。
 戦前から現代に至るまで沖縄で日々の暮らしに関わってきた、ありとあらゆる日用品、民芸品、農機具、嗜好品などが展示されている「民俗資料博物館」。兵器・武器、軍装品などの沖縄戦にまつわる一切が展示されている別館の「戦争資料館」。

 計2万点を超えるその圧倒的な展示量から、公立の博物館がイベントをする際には展示品を提供するなど、沖縄の民俗文化や沖縄戦の伝承に大きく貢献している。

 そんな博物館をたった一人で営む歴史の伝承人、眞嘉比朝政(まかびちょうせい)館長に話を聞いた。

タイムスリップしたかのよう

 「もしもここに無い物があれば、教えてほしい。何がまだ無いのか分からない」

 少し困ったような顔で、少し誇らしげに話す眞嘉比館長。こんなに集め尽くても、まだまだ「ここに無い物」があるはずだと収集の手をとめない。

 錆び付いた扇風機、レトロを通り越した電話機、昔の伝統的沖縄家屋の二番座を再現した一角など、今ではもう、普段の生活では決してと言って良いほど見られないものが多くある。まるでタイムスリップでもしたかのようだ。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2 3

関連記事

おすすめ記事

  1.  街を歩けばそこかしこで目に入るオリオンビールの提灯。三線、海ブドウ、泡盛にゴーヤチャンプ…
  2.  『花~すべての人の心に花を~』や『ハイサイおじさん』などで知られる、沖縄を代表する音楽家…
  3.  「すべての武器を楽器に」―。1974年に米国ワシントンD.C.でのコンサートで口を突いて…
  4.  菅政権が2050年までに地球温暖化ガスの排出量をゼロにする、いわゆる「カーボンニュートラ…
  5.  6月1日、県は2022年度から10年間の振興のあり方を決める次期沖縄振興計画の素案を公表…
琉球海運_広告国場組大寛組前田鶏卵
琉球海運_広告大寛組国場組前田鶏卵

特集記事

  1.  菅政権が2050年までに地球温暖化ガスの排出量をゼロにする、いわゆる「カーボンニュートラ…
  2.  6月1日、県は2022年度から10年間の振興のあり方を決める次期沖縄振興計画の素案を公表…
  3.  昨年3月、那覇空港の第二滑走路が開業した。だが、その第二滑走路に着陸した航空機がターミナ…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ