きゃりーら所属「アソビシステム」沖縄進出 コロナ禍での可能性

 

 イベント主催やアーティスト・モデルなどのプロダクションなど、エンターテイメント事業を幅広く手掛けるアソビシステム(東京都、中川悠介社長)はこのほど、福岡、大阪に続く地方拠点として沖縄支社を那覇市安里に設立した。中川社長は「沖縄のあらゆる才能と出会い、世界に発信していきたい」とのビジョンを語り、才能発掘に向けたオーディションを行う。エンタメ業界にとって、イベント開催が制限されるなど不利な印象が先立つコロナ禍で、むしろエンタメが「より世界と近くなった」と捉える。その背景とは。

過去には大型イベント「ASOBEACH!!!」なども

 同社はこれまで、世界遺産・中城城跡では初のクラブイベントであり音楽家の中田ヤスタカが主宰する「TAKENOKO!!!」や、那覇市の波の上うみそら公園での野外フェス「ASOBEACH!!!」など、さまざまな大型イベントを手掛けてきた。きゃりーぱみゅぱみゅなど多くのアーティストやクリエイター、俳優などが所属している。県出身者ではモデル・DJのUNAやシンガーのGrace Aimiが名を連ねる。

 中川社長はなぜ沖縄の才能と出会い続けたいのか。その思いをこう語る。
「沖縄にあるクリエイティビティ(創造性)や個性豊かな考え方が素晴らしいと思います。沖縄に誇りを持っている方も多いですよね。その中で生まれた、人やモノも全て含めて外に発信していくことはとても楽しいことだと思います」

 エンターテイメントの現場はイベントだけではなく、ネット上でのパフォーマンスや、クリエイターが生み出す作品など表現方法は多様だ。食品や化粧品などの商品プロデュースや県内での店舗展開なども視野に入れる。

コロナ禍で「より世界と近くなった」

 コロナ禍で一般的になった「リモート」の概念で、イベントの在り方が大きく変わりつつある。観客を入れられないことから始まった「オンライン」の配信ライブを人々が受け入れ始めると、今度は有観客イベントの様子も同時に配信される「オンラインとオフラインのハイブリッドイベント」が一般化した。代表的な夏の音楽フェスの一つ「フジロックフェスティバル」は今年、このハイブリッド形式で開催された。

 この変化を中川社長は「より世界と近くなった」とポジティブに捉える。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2

関連記事

おすすめ記事

  1.  1月15日、16日に実施された今年の大学入学共通テスト。その傍ら、新型コロナウイ…
  2.  沖縄を代表する人気観光スポット「海洋博公園」の正式名称は「国営沖縄海洋博覧会記念公園」だ…
  3.  こんにちは。沖縄で芸歴10年目のお笑いコンビ「しんとすけ」のツッコミ担当「首里の…
  4.  旅を愛する女優・柴田千紘さんに、沖縄リピーターの立場で見た沖縄を素直な視点で描いてもらう…
  5.  県内では年を越して新型コロナ感染が再拡大している。高校や特別支援学校など県立学校…
琉球海運_広告国場組大寛組前田鶏卵
前田鶏卵大寛組琉球海運_広告国場組

特集記事

  1.  2021年7月、「奄美大島、徳之島、沖縄島北部および西表島」がユネスコ(国連教育科学文化…
  2.  日本の子供を取り巻く危機的状況を打開すべく、菅前首相の大号令で突如動き出したこども家庭庁…
  3.  政府は昨年12月21日、子供政策の司令塔となる「こども家庭庁」の創設に向けた基本方針を閣…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ