「ちむどんどん」関連の限定酒類、各社続々発売

 

 NHK連続テレビ小説『ちむどんどん』の放映を機に、関連した酒類商品が各メーカーから続々と発売されている。ちむどんどん=わくわくする、との意味に重ねながら、ビールで楽しく笑顔になったり、泡盛を通して文化を知ってもらおうとの狙いがある。

オリオン「笑顔で乾杯する機会を」

 オリオンビール株式会社(豊見城市)は5月20日、「オリオン ザ・ドラフト ちむどんどんカリーデザイン缶」を数量限定で発売すると発表した。缶デザインの中央には大きく「カリー!」と、沖縄で乾杯を意味する掛け声を文字にして配した他、「ちむどんどん ココロオドル乾杯を!」とのメッセージを盛り込んだ。三線や花笠、シーサーなど沖縄らしくかわいらしいイラストも散りばめられている。

 同社は「独自の歴史を歩んできた沖縄が今にいたるまで、オリオンビールは常に県民のちむどんどんする瞬間の側にありました。笑顔で乾杯(カリー)をする機会の創出に取り組んで参ります」とコメントしている。

泡盛でも続々

 忠孝酒造株式会社(豊見城市)は「横浜鶴見ちむどんどん泡盛ボトル」を4月に発売開始した。横浜市鶴見区は沖縄県出身者やその子弟が多く住む地区で、ドラマ「ちむどんどん」の放映を機に「『ちむどんどん』横浜鶴見プロジェクト」が始動。本商品はこのプロジェクトの一環で発売された。今年末までの発売で、オンラインショップの他、沖縄県内と横浜市内の店舗で発売している。

 その他泡盛関係では、まさひろ酒造株式会社(糸満市)が「ちむどんどん 海人玉」を、新里酒造株式会社(うるま市)が「ちむどんどん琉球」をそれぞれ限定発売するなど、関連泡盛が登場している。

Print Friendly, PDF & Email

長濱 良起

投稿者記事一覧

フリーランス記者。
元琉球新報記者。教育行政、市町村行政、基地問題の現場などを取材する。
琉球大学マスコミ学コース卒業後、県内各企業のスポンサードで世界30カ国を約2年かけて巡る。
2018年、北京・中央民族大学に語学留学。
1986年、沖縄県浦添市出身。著書に「沖縄人世界一周!絆をつなぐ旅!」(編集工房東洋企画)

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1.  慰霊の日が近づくと、沖縄戦を語り継ぐことの大切さが毎年のように課題として挙げられる。戦後…
  2.  7月10日投開票の参議院議員選挙が22日、公示される。沖縄選挙区は現職の伊波洋一氏(70…
  3.  「月桃ゆれて 花咲けば 夏のたよりは 南風」-。鎮魂や反戦、平和への願いを込めた海勢頭豊…
  4.  国際通りの真ん中に位置するビル。エレベータを降りて2、3歩足を進めると、100席余のテー…
  5.  求人サイト「オキナビ」の運営などを行う株式会社プロアライアンス(大城佑斗代表)と沖縄県内…

特集記事

  1. 県庁
     今後10年の沖縄振興の指針となる新たな振興計画「新・沖縄21世紀ビジョン基本計画」(第6…
  2.  5月15日に東京と沖縄をオンラインで繋いで開かれた「沖縄復帰50周年記念式典」。壇上の大…
  3. 「沖縄県だけ特別措置を作ってもらっている現状をどう認識するのか。復帰50年を過ぎてもまだ国…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ