東江正作新監督就任、「親子鷹」で再建へ 琉球コラソンが新体制発表

 
東江正作新監督(中央)を囲み、飛躍を誓う琉球コラソンのメンバー=19日、沖縄県庁

 日本ハンドボールリーグ(JHL)の琉球コラソンが19日、沖縄県庁で記者会見を開き、7月に開幕する2022-23シーズンに向けた新体制を発表した。新監督にはU-16、U-20女子日本代表の監督などを歴任してきた東江正作氏(61)が就任。複数年契約を結んだ。主将を務める息子の東江太輝(32)と共に、「親子鷹」で低迷の続くチームの再建を図る。

指導実績は折り紙付き

 正作氏は浦添市出身で、1961年1月20日生まれ。浦添市立神森中学校、浦添高校を卒業後、実業団の強豪・大崎電気でプレーした。1987年に沖縄で開催された海邦国体では、沖縄の成年男子で出場し、4強入りに貢献した。

 カテゴリ別の代表監督の他、母校の神森中学をコーチとして全国制覇に導くなど、指導者としての実績は折り紙付きだ。

 コラソンから監督の打診を受けた時は「『来たか』という思いだった」と以前から覚悟はあったよう。「すぐにどういう風なチームにしていこうか考えていました。選手の顔を思い浮かべながら、どうやれば力を発揮できるかをコーチと方向性を一つにしてやっていく」と語った。

勝ち星を昨季の倍に 「泥臭く挑戦」

自身のチーム像を語る東江正作新監督

 コラソンの昨季2021-22シーズンの成績は4勝1分15敗で11チーム中9位。20-21シーズンは4勝2分14敗で10位、19-20シーズンは2勝1分24敗で9位と長らく低迷が続く。

 正作氏は「昨季は4勝。最低でも倍は勝ちたい」と8勝以上を目標を掲げる。「選手16人をフル動員して戦いたい。運動量と闘志を前面に出して、60分間フルでファイトする。1人で相手を止めきれなければ、2人、3人と常に連動していく。これは攻撃でも一緒です。泥臭く、何回倒されても起き上がってチャレンジしていくチームにしていきたい」と総合力で戦う姿勢を強調した。

 昨季は1試合の平均得点が約25点だったことを念頭に「30点は取らないとリーグで勝利を掴むのは難しい」と指摘。その上で「私の場合は攻撃は守備を揺さぶって、1対1の強さから勝負に行く。連係、連動を強調していきたい。190センチオーバーの選手にも果敢にチャレンジしていく、より縦の強さが強調されるチームになる」と自身のチーム像を描いた。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2

関連記事

おすすめ記事

  1.  慰霊の日が近づくと、沖縄戦を語り継ぐことの大切さが毎年のように課題として挙げられる。戦後…
  2.  7月10日投開票の参議院議員選挙が22日、公示される。沖縄選挙区は現職の伊波洋一氏(70…
  3.  「月桃ゆれて 花咲けば 夏のたよりは 南風」-。鎮魂や反戦、平和への願いを込めた海勢頭豊…
  4.  国際通りの真ん中に位置するビル。エレベータを降りて2、3歩足を進めると、100席余のテー…
  5.  求人サイト「オキナビ」の運営などを行う株式会社プロアライアンス(大城佑斗代表)と沖縄県内…

特集記事

  1. 県庁
     今後10年の沖縄振興の指針となる新たな振興計画「新・沖縄21世紀ビジョン基本計画」(第6…
  2.  5月15日に東京と沖縄をオンラインで繋いで開かれた「沖縄復帰50周年記念式典」。壇上の大…
  3. 「沖縄県だけ特別措置を作ってもらっている現状をどう認識するのか。復帰50年を過ぎてもまだ国…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ