キングス、初のファイナル進出に王手 最大21点差を逆転 島根に94-85

 
互いの好プレーを讃え合う沖縄出身ガードコンビの岸本隆一(左)と並里成=5月21日、沖縄アリーナ

 キングスが初のファイナル進出に王手を掛けた。

 プロバスケットボールBリーグ1部西地区1位の琉球ゴールデンキングスが21日、ホームの沖縄アリーナでチャンピオンシップ(CS)準決勝第1戦を行い、西2位の島根スサノオマジックに94-85で勝利した。第1クオーター(Q)で最大21点差を付けられたが、守備の修正に注力した他、勝負所を見極めたアレン・ダーラムの活躍で逆転勝利を飾った。

 来場した観客数は8020人。2戦先勝方式のため、22日の第2戦に勝利すればファイナル進出が決まる。

 もう1つのカードである西4位の川崎ブレイブサンダースと西4位の宇都宮ブレックスの準決勝第1戦は、宇都宮が83-70で先勝した。

島根が第1Qだけで8本のスリーポイント

 好スタートを切ったのは島根。

第1Q、右コーナーからスリーポイントを決める島根の白濱僚祐(左)

 レギュラーシーズンの得点ランキングで日本人トップの安藤誓哉と東京五輪日本代表シューターの金丸晃輔を警戒するあまり、「ヘルプに来てる選手のところからやられてしまった」(桶谷大キングスHC)と、第1Qだけで8本のスリーポイントを許した。

 悪循環はオフェンスにも波及する。今村佳太が試合開始から1人で連続10得点を挙げるが、キングスの持ち味である内外のスムーズなボール回しが影を潜め、リズムの悪いシュートで波に乗れず。第1Qでいきなり34-21と大きく水を開けられた。

機動力高め速攻連発 ダーラムが起爆剤に

 前半を終えた時点でも11点リードを許していたが、後半に入ると徐々に流れがキングスに傾き始める。

 きっかけは島根のビッグマンの1人である帰化選手、ウィリアムス・ニカが第3Q開始3分を待たずにファウル4つになったこと。ここで「ニカは攻守で試合に変化を与えられる選手。彼がファウルトラブルになった時に積極的に攻めたいと思った」と勝負所を見極めたアレン・ダーラムが一気に積極性を増す。

第4Q、ゴール下で加点するアレン・ダーラム

 ドライブやリバウンドからの1人速攻でインサイドを徹底して攻め、このクオーターはフィールドゴール4本中4本成功で10得点。相手ディフェンスが収縮した結果、今村や岸本隆一がいい形でスリーを沈め、猛追に加勢する。

 さらに第3Qの最後にはダーラムがドライブでニカのファウルを誘い、退場に追い込む。島根の別のビッグマンであるリード・トラビスもファウル3つとなり、同点で最終第4Qに入った。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2

関連記事

おすすめ記事

  1.  慰霊の日が近づくと、沖縄戦を語り継ぐことの大切さが毎年のように課題として挙げられる。戦後…
  2.  7月10日投開票の参議院議員選挙が22日、公示される。沖縄選挙区は現職の伊波洋一氏(70…
  3.  「月桃ゆれて 花咲けば 夏のたよりは 南風」-。鎮魂や反戦、平和への願いを込めた海勢頭豊…
  4.  国際通りの真ん中に位置するビル。エレベータを降りて2、3歩足を進めると、100席余のテー…
  5.  求人サイト「オキナビ」の運営などを行う株式会社プロアライアンス(大城佑斗代表)と沖縄県内…

特集記事

  1. 県庁
     今後10年の沖縄振興の指針となる新たな振興計画「新・沖縄21世紀ビジョン基本計画」(第6…
  2.  5月15日に東京と沖縄をオンラインで繋いで開かれた「沖縄復帰50周年記念式典」。壇上の大…
  3. 「沖縄県だけ特別措置を作ってもらっている現状をどう認識するのか。復帰50年を過ぎてもまだ国…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ