CSに向け価値ある”黒星” キングス、連勝13でストップ 名古屋に80-81

 
第3Q ファウルを受けながらシュートを決め、吠えるアレン・ダーラム=17日、沖縄市の沖縄アリーナ

 キングスの連勝が13でストップした。プロバスケットボールBリーグ1部西地区の琉球ゴールデンキングスは17日、沖縄アリーナで名古屋ダイヤモンドドルフィンズ(西地区3位)と今季第48戦を行い、80-81で逆転負け。連勝が13でストップした。通算成績は43勝5敗。順位は地区1位で変わらず、地区優勝のマジックも2のまま。

 前日にあった連戦の1試合目は前半だけで33点のリードを奪って圧倒。岸本隆一がスリーポイントシュート6本を含むチームトップの24得点を挙げ、97ー65で大勝していた。

勝負所の第4Qでターンオーバー6

 試合時間残り6分を切って12点のリードを奪ったキングス。しかしマンツーやゾーン、オールコートなど目まぐるしく変わる相手の守備陣形に手を焼き、リズムを失った。

 ファウルも混み始めて早々にチームファウルが5に達し、フリースローを中心にじわじわと点差を詰められていく。残り2分、コー・フリッピンのパスを名古屋の齋藤拓実にスティールされ、そのまま速攻を許して78ー79と逆転された。

試合時間残り20秒。相手ディフェンダーを跳ね返してゴール下を沈めるジャック・クーリー

 残り20秒でジャック・クーリーがスコット・エサトンからファウルを受けながらゴール下を沈めて再逆転するが、フリースローを外してリードは1点のみ。その後、またもフリースローで80ー81とひっくり返され、最後は岸本隆一のスリーポイントシュートが外れて勝負が決した。

 試合を通し、ターンオーバーの数は名古屋を10も上回る17。しかも勝負所の第4Qだけで6本に上り、桶谷大HCは「ケアレスなターンオーバーは許されるものじゃない。今日は冷静さを失っていた」と語り、状況判断の悪さを敗因を挙げる。クーリーも「前日に比べてメンタル面が甘かった」と反省を口にした。

目標は”B”の王者 成長の糧に

 試合終了後、岸本はファンの前でマイクを握り、こう語った。

 「大切なのはここで悔しがることでもなく、負けを受け止めて成長していくこと。今日勝つことが自分達の目的ではないので、最終的に優勝できるように切り替えて頑張っていきます」

最後の場面で逆転を狙ったスリーポイントを放つ岸本隆一

 シーズンが始まって半年以上が経過したが、まだ負けは5回目。依然として全22チーム中、最高の9割近い勝率を維持しており、今回の黒星は既に進出が決まっている5月のチャンピオンシップ(CS)を目前に「価値ある敗北」とも言える。

 桶谷HCは「これまでいいバスケをしてなくても勝ってしまうこともあった。CSに進出してくるであろう名古屋に対して不用意なことをしたり、冷静にプレーできないとこうなるということが分かった。これを乗り越え、CSで一番強いチームになりたい」と成長の糧にしたい考えだ。

次節は西の頂上決戦 最短23日に地区優勝

 次節は23、24の両日に西地区2位の島根とホームで連戦に臨む。一つでも勝利すれば優勝マジックを一気に2減らし、地区5連覇が決まる。

第3Q 左コーナーからスリーポイントを沈めた小野寺祥太(左)と、喜びを爆発させるキングスベンチ

 島根を「攻撃力があり、爆発力のあるチーム」と評する今村佳太は「いかに固い守備を続けられるかがポイント。攻撃はボールと人を動かし、オープンシュートを作ることが大切になる」と見通す。トーナメント方式のCSは準々決勝から2戦先勝方式で行われることを念頭に「3戦ずつやってしまうとコンディションも厳しくなっていくので、上位の相手に連勝できるバスケをしないといけない」とチーム力の向上を誓った。

Print Friendly, PDF & Email

長嶺 真輝

投稿者記事一覧

ながみね・まき。沖縄拠点のスポーツライター、フリーランス記者。
2022年3月まで沖縄地元紙で10年間、新聞記者を経験。
Bリーグ琉球ゴールデンキングスや東京五輪を担当。金融や農林水産、市町村の地域話題も取材。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1.  10月1日、株式会社プロアライアンスと琉球朝日放送株式会社(QAB)が協同して構築した、…
  2.  「久しぶりー!」「元気だったー!?」と、賑やかな声が飛び交う。10月2日に開催される「沖…
  3.  安室奈美恵、MAX、DA PUMP、SPEED、知念里奈、三浦大知…沖縄発で今現在も大活…
  4.  感染者数は依然として収束を見ないが、「ウィズコロナ」の広がりから徐々に国内からの入域客数…
  5.  サッカーJ2のFC琉球が、いよいよ崖っぷちに追い込まれた。  琉球は9月18日、沖…

特集記事

  1.  敵味方、民間人、軍人、国籍問わず、沖縄戦などで死没した全ての人々の氏名を刻む「平和の礎」…
  2.  2022年“選挙イヤー”の沖縄で最大の政治決戦となる9月11日の県知事選は、米軍普天間飛…
  3.  今年で本土復帰から50年の節目を迎える沖縄。9月11日には14回目の県知事選挙が行われる…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ