3カ国、沖縄で事前キャンプ実施へ FIBAバスケW杯

 
FIBAワールドカップで3カ国の事前キャンプを受け入れると発表する玉城知事=8日、県庁

 沖縄県の玉城デニー知事は8日の定例会見で、8月25日から沖縄市の沖縄アリーナで開催される「FIBAバスケットボールワルドカップ2023」について、オーストラリア、ジョージア、カーボベルデ共和国の事前キャンプを受け入れると発表した。

 受入期間と市町村は、オーストラリアが8月21日から沖縄市、ジョージアは同18日から同じく沖縄市、カーボベルデ共和国は同19日から与那原町という。

 沖縄の子どもたちとトップアスリートとの交流などが目的で、代表選手がアドバイスや指導を行うバスケットボールクリニックや公開練習、練習後のサイン会、代表国同士による練習試合の無料招待などを行う。

 会見では、記者団から「FIBAは沖縄の観光振興でも重要だと思うが、懸念されるのは交通渋滞などだ。その点についての対策は、どの程度進んでいるのか」との質問も出された。

 これに対して、玉城知事は「特にパブリックビューイングを行う市町村などと連携し、会場だけに集中せずに分散してイベントが開催できるように協議を進めている」と語った。

 その上で、「交通渋滞などへの対策についても、できるだけ多くの県民が、会場で直接試合を観戦すること以外でも、FIBAワールドカップ2023に触れられる機会の創出を求めていきたい」と強調した。

(記事・写真 宮古毎日新聞)

Print Friendly, PDF & Email

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1.  サッカーJ3のFC琉球が、第2次金鍾成(キン・ジョンソン)監督体制下の初陣を白星で飾った…
  2. 今季から琉球ゴールデンキングスに加入したアレックス・カーク(左から2人目)やヴィック・ローら=16…
  3.  FC琉球の監督が、また代わった。  サッカーJ3で20チーム中18位に沈む琉球は1…
  4. 戦前に首里城正殿前に設置されていたバスケットボールゴールを再現した首里高校の生徒ら=8月27日、那…
  5.  8月12日、浦添市のアイム・ユニバースてだこホール市民交流室は熱気が渦巻いていた。ステー…

特集記事

  1. 再びFC琉球の指揮を執ることになり、トレーニング中に選手たちに指示を送る金鍾成監督=19日、東風平…
  2. ヴィック・ロー(中央)の入団会見で記念撮影に応じる琉球ゴールデンキングスの(左から)安永淳一GM、…
  3. 沖縄県庁  沖縄県は、地域の緊張を和らげようと、4月から「地域外交室」を設置し、照屋義実副知…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ