田代主将や“CS・MVP”ダーラムら4選手と契約更新 キングス、13人中10人残留

 
試合後、客席のブースターに手を振る田代直希主将©Basketball News 2for1

 琉球ゴールデンキングスは9日までに、2023-24シーズンに向けて生え抜き8年目に入る田代直希主将(29)、22-23シーズンのチャンピオンシップでMVPを獲得したアレン・ダーラム(34)、今夏に沖縄などで開催される男子W杯の代表候補である渡邉飛勇(24)、アジア特別枠で将来性豊かなカール・タマヨ(22)との契約継続を発表した。

 これで昨シーズン終了時点で所属していた13人の契約状況が全て発表され、10人が残留する形となった。退団したのはジョシュ・ダンカン、松本礼太、群馬クレインサンダーズへの移籍が発表されたコー・フリッピンの3人。今後発表されるであろう新加入選手が注目される。

田代「コート内外で成長を」

落ち着いたプレーで存在感を示した田代直希©Basketball News 2for1

 昨季で主将4シーズン目となった田代は開幕前に大怪我から復帰し、もともとの動きに体を戻すのに苦労したシーズンではあったが、全試合出場を達成。あまり多くを語るキャプテンではないが、チームメートの状況を観察して必要な時に声を掛けたり、短い出場時間で持ち味の激しいディフェンスを見せたりして存在感を示した。

 契約継続を受け、「気がつけば30歳を迎えます。コート内外問わず、心身共にもっともっと成長していけるはずです。皆様の前でプレーできることはこれ以上ない幸せなことだと思います。会える日を心待ちにしています」とコメントした。

体の強さを生かしたプレーでキングスをけん引したアレン・ダーラム©Basketball News 2for1

 その強靭な体から“超人ハルク”の異名を持つダーラムは平均15.6点、7.7リバウンド、3.6アシストを記録。シーズン途中からはベンチスタートを受け入れ、チームの総合力向上に大きく貢献した。

 来シーズンに向けて「キングスでまたプレーすることができ、うれしく思っています。これまでの2シーズンで我々は素晴らしい成績を残してきましたし、来シーズンも継続していきたいと思っています」と意欲的に語った。

次世代スター候補の渡邉、タマヨ チームの伸び代に

高いブロックショットなど日本人ビッグマンとして活躍する渡邉飛勇©Basketball News 2for1

 身長207cmの渡邉、202cmのタマヨの若手ビッグマンコンビは、来シーズンのキングスにとって大きな伸び代になる。

 大怪我による3度の手術と過酷なリハビリを乗り越え、今年2月にようやくプロデビューした渡邉は、短い期間ながら高いブロックと類稀な走力で存在感を発揮。3月にキングスでプロデビューしたばかりのタマヨは、まだBリーグのプレーの強度に馴染めていない印象だったが、プレーの幅が広く、潜在能力の高さはうかがえた。

将来性豊かなカール・タマヨ©Basketball News 2for1

 渡邉は「来シーズンはシーズンの最初から戦えること、そして連覇へ挑戦できることを楽しみにしています。チームとして団結し、皆さまのためにベストを尽くしたいと思います」とコメント。タマヨは「この素晴らしい組織で来シーズンもプレーできる機会を得られたことに興奮と感謝をしています。チームの最終目標達成に向けて貢献できることを楽しみにしています」と述べた。

Print Friendly, PDF & Email

長嶺 真輝

投稿者記事一覧

ながみね・まき。沖縄拠点のスポーツライター、フリーランス記者。
2022年3月まで沖縄地元紙で10年間、新聞記者を経験。
Bリーグ琉球ゴールデンキングスや東京五輪を担当。金融や農林水産、市町村の地域話題も取材。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1.  サッカーJ3のFC琉球が、第2次金鍾成(キン・ジョンソン)監督体制下の初陣を白星で飾った…
  2. 今季から琉球ゴールデンキングスに加入したアレックス・カーク(左から2人目)やヴィック・ローら=16…
  3.  FC琉球の監督が、また代わった。  サッカーJ3で20チーム中18位に沈む琉球は1…
  4. 戦前に首里城正殿前に設置されていたバスケットボールゴールを再現した首里高校の生徒ら=8月27日、那…
  5.  8月12日、浦添市のアイム・ユニバースてだこホール市民交流室は熱気が渦巻いていた。ステー…

特集記事

  1. 再びFC琉球の指揮を執ることになり、トレーニング中に選手たちに指示を送る金鍾成監督=19日、東風平…
  2. ヴィック・ロー(中央)の入団会見で記念撮影に応じる琉球ゴールデンキングスの(左から)安永淳一GM、…
  3. 沖縄県庁  沖縄県は、地域の緊張を和らげようと、4月から「地域外交室」を設置し、照屋義実副知…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ