那覇に新劇場オープン!「なはーと」に行ってみた

 

 10月31日に開館した那覇市文化芸術劇場「なはーと」。11月3日はオープンシアター(劇場の一般公開)だったので、見学に行ってきました。観客からの視点に加え、利用者側としての視点も書いていきたいと思います。(多少専門用語が多くなりますがご容赦ください)

那覇市民会館の後継として

 那覇市内には大型ホールとして「那覇市民会館」がありましたが、2016年に老朽化が理由で無期限休館しました。その後継として建設が決まったのが、那覇市文化芸術劇場「なはーと」です。場所は旧会館の那覇市与儀から久茂地小学校跡へ移りました。モノレールの最寄駅なら県庁前。観客用の駐車場は無いものの、中心地に大型施設を作ることで多くの人に愛される場所になりたいという気持ちを感じます。

なはーと外観(一銀通り側)

 外観は、すっきりとした白色を基調としながら、曲線で覆われた優しい印象。入口は北口・西口・南口の3か所があります。どの入口から入っても必ず中央の共通ロビーに繋がるので、待ち合わせで困ることはなさそうです。

ウナー(御庭)と名付けられた共用ロビー

 広々とした1Fの共通ロビーは、吹き抜けで天井が高く開放感があります。ここから、大劇場・小劇場・スタジオ・稽古場などの各施設へ行くことができます。

共通ロビーから大階段を上がった2階。奥が受付

約1600席!県都那覇の大劇場!

 まずは大劇場。一番大きな階段を2階へ上っていくと、奥に大劇場入口(受付)が見えてきます。受付を通過し中へ入ると、客席の最後列から舞台を正面から臨む光景が飛び込んできます。

大劇場 1階最後列から舞台を臨む
Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2 3

関連記事

おすすめ記事

  1.  小笠原諸島・福徳岡ノ場の海底火山噴火に由来するとみられ、10月中旬に沖縄県沿岸に漂着した…
  2.  第二次世界大戦後、沖縄県が食糧難に直面した際、海外に移住したウチナーンチュ(沖縄…
  3.  国内有数の進学校、灘中学校・高等学校(兵庫県)の元英語教員で「夢をかなえる英単語ユメタン…
  4.  10月中旬に沖縄県への軽石漂着が確認されてから1ヶ月以上が経った。軽石は漁業や観光、周辺…
  5.  沖縄の伝統工芸のひとつ、琉球漆器は中国から技法や原材料が持ち込まれ、14世紀ごろからその…
琉球海運_広告国場組大寛組前田鶏卵
琉球海運_広告大寛組前田鶏卵国場組

特集記事

  1.  国内有数の進学校、灘中学校・高等学校(兵庫県)の元英語教員で「夢をかなえる英単語ユメタン…
  2.  国内有数の進学校、灘中学校・高等学校(兵庫県)の元英語教員で「夢をかなえる英単語ユメタン…
  3.  公益財団法人「みらいファンド沖縄」が「子どもの人権保障」という観点から、部活動に取り組む…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ