「音楽の楽しみを一緒に探す」 コロナ禍の学生を応援するコンサート

 

 新型コロナウイルスの影響でコンテストの中止や練習の制限が続き、吹奏楽部の学生たちはモチベーションを保つのが難しい不安な環境の中で音楽を続けている。そんな学生たちを元気づけることを目的にしたコンサートが沖縄市民会館で11月13日に開催された。演奏を披露したのは、世界的にも珍しいサクソフォン四重奏という構成で活動する「The Rev Saxophone Quartet」の4人。“コロナ禍の芸術と学生を応援するコンサート”(沖縄テレビ放送主催)と銘打ち、エネルギッシュかつ魅惑的な音色で多くの学生が訪れた会場を包み込んだ。

 プログラムの最後にはコザ、那覇、普天間、宮古の4高校の吹奏楽部員24人との共演というサプライズもあり、演奏に加わった高校生たちの快活な笑顔が弾けた。

「楽しむために上手くなる」

 The Rev Saxophone Quartetでソプラノ・サクソフォンを演奏する上野耕平さんは、第28回日本管打楽器コンクールサクソフォン部門で、史上最年少で第1位を獲得したと同時に特別大賞も受賞。『情熱大陸』や『題名のない音楽会』などの番組にも出演し、注目が集まっているプレイヤーだ。自身のサクソフォンでの表現の可能性を追求しながら、全国各地で楽器や音楽の楽しさを伝えるクリニック(講習会)にも精力的に取り組んでいる。

 今回のコンサートの前日、アンコールでの共演に向けて行われた沖縄の高校生たちとのリハーサルを終えた上野さんは「本当に良い子たちで、一緒にやればやるほど人も音も変わっていきましたね」と笑顔を浮かべた。立場としては指導する側ではあるが、上野さんは「指導してるつもりは無いんです」ときっぱり。

「感覚としては『一緒に楽しみを探している』という感じですよ。音楽には一生愛し続けても愛しきれない程の豊かさと懐の深さがあります。だから、技術的に上手くなることを目的にしてはもったいない。“より楽しむために”上手くなるんです。そういう音楽の根源的な楽しさを共有したいんです」

サクソフォン四重奏の豊かな音色で観客を魅了する「The Rev Saxophone Quartet」

高校生たちの憧れの存在

 リハーサルで上野さんと一緒に演奏した仲眞朱由さん(コザ高3年)は「いつもYouTubeで画面越しにしか上野さんを見ていませんでしたが、実際に生の響きを感じられて感動しました」と目を輝かせていた。スマホのアルバムに上野さんの画像が並んでいるほど“ガチ”のファンだという。普段はアルト・サクソフォンを吹いているが、今回は上野さんと同じ楽器を吹きたくてソプラノを手に取った。

 「本当に憧れの存在なんです」と興奮を隠せない様子の仲眞さん。今回のリハーサルでは姿勢から見直すことになって「普段の練習で基礎を疎かにしていたこと気づきました」と初心を思い出したという。「こんな機会は2度とないと自分に言い聞かせながら、固まらずに楽しんで演奏できたらいいなと思ってます」と意気込んだ。

 リハーサルを終え、アイドルを目の前にして興奮を抑えられないファンのようになった高校生たちが代わる代わるカルテットのメンバーと写真撮影をして歓声を上げていた光景がとても微笑ましかった。

カルテットのメンバーと記念撮影する吹奏楽部員たち
Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2

関連記事

おすすめ記事

  1.  1月15日、16日に実施された今年の大学入学共通テスト。その傍ら、新型コロナウイ…
  2.  沖縄を代表する人気観光スポット「海洋博公園」の正式名称は「国営沖縄海洋博覧会記念公園」だ…
  3.  こんにちは。沖縄で芸歴10年目のお笑いコンビ「しんとすけ」のツッコミ担当「首里の…
  4.  旅を愛する女優・柴田千紘さんに、沖縄リピーターの立場で見た沖縄を素直な視点で描いてもらう…
  5.  県内では年を越して新型コロナ感染が再拡大している。高校や特別支援学校など県立学校…
琉球海運_広告国場組大寛組前田鶏卵
大寛組前田鶏卵国場組琉球海運_広告

特集記事

  1.  2021年7月、「奄美大島、徳之島、沖縄島北部および西表島」がユネスコ(国連教育科学文化…
  2.  日本の子供を取り巻く危機的状況を打開すべく、菅前首相の大号令で突如動き出したこども家庭庁…
  3.  政府は昨年12月21日、子供政策の司令塔となる「こども家庭庁」の創設に向けた基本方針を閣…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ