チャンスに飛び込む勇気が大切!『What at lazz』ボーカル杏果さん

 

 みなさんハイタイ!沖縄音楽とポップスを融合した新たな沖縄音楽を発信する「リュウキュウノツカイ」のチャキです。私がお届けするこの記事では、沖縄の未来を切り開く、かっこいい女性を紹介していきます!

 今回紹介するのは、コロナ禍でも歩みを止めずに5ヶ月連続楽曲リリースを果たし、凛とした歌声とマルチな活動で人気に火がついている、今旬のバンド『What at lazz』のボーカル杏果さん!
 数ある県内のインディーズバンドの中でも、完成度が高いミュージックビデオや、キャッチーなサビが頭から離れない楽曲で、じわじわとファンを増やしています。
 紅一点でバンドのフロントに立つ杏果さんに、バンドを始めたキッカケや活動に対する想いをインタビューしてきました!

勢いに乗るWhat at lazz

(左から)What at lazzのよしにー(Gu)、杏果(Vo)、まっしー(Ba)、たっくん(Dr)

 What at lazzは「ワトラズ」の愛称で知られている男女4人組バンドです。楽曲がQAB『こきざみぷらす』の4月エンディングテーマや、JTAの機内曲に採用されるなど、勢いに乗っています。キャッチーでスッと耳に入るサビが特徴的で、どこか懐かしさを感じる90~00年代のJ-POP全盛期を彷彿とさせるドラマチックな楽曲を、現代的にバンドアレンジし、杏果さんの力強く切ない歌声が歌詞の世界観に説得力を与えてくれます。

表舞台に立つキッカケは「高校生の時に書いた意見文」

 「将来の夢は、アーティストになることです」ー。杏果さんは高校時代、全校生徒の前でこう高らかに宣言しました。校内イベントで、まさか自分の意見文がクラス代表に選ばれるなんて思ってもいませんでしたが、少しの緊張とともに、今まで秘めてきた自分の思いを精いっぱい表明しました。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2 3

関連記事

おすすめ記事

  1.  慰霊の日が近づくと、沖縄戦を語り継ぐことの大切さが毎年のように課題として挙げられる。戦後…
  2.  7月10日投開票の参議院議員選挙が22日、公示される。沖縄選挙区は現職の伊波洋一氏(70…
  3.  「月桃ゆれて 花咲けば 夏のたよりは 南風」-。鎮魂や反戦、平和への願いを込めた海勢頭豊…
  4.  国際通りの真ん中に位置するビル。エレベータを降りて2、3歩足を進めると、100席余のテー…
  5.  求人サイト「オキナビ」の運営などを行う株式会社プロアライアンス(大城佑斗代表)と沖縄県内…

特集記事

  1. 県庁
     今後10年の沖縄振興の指針となる新たな振興計画「新・沖縄21世紀ビジョン基本計画」(第6…
  2.  5月15日に東京と沖縄をオンラインで繋いで開かれた「沖縄復帰50周年記念式典」。壇上の大…
  3. 「沖縄県だけ特別措置を作ってもらっている現状をどう認識するのか。復帰50年を過ぎてもまだ国…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ