気迫再び 元キングス山城吉超 バスケスクール始動

 

 プロバスケbjリーグ時代の2007年から7年間、琉球ゴールデンキングスのメンバーとして会場を沸かせた山城吉超(やましろ よしき)さん。189cmの体で2m余る相手チームの外国人選手とゴール下でボールを競り合い、闘志全面で一つひとつのプレーに全力を尽くして喜び、悔しがるコート上の姿を記憶に刻むバスケファンは多いはずだ。今年36歳になる山城さんが、4月から「山城吉超バスケットボールスクール」を開校し指導に当たっている。

周りからの“強力プッシュ”で生まれたスクール

 選手引退後、スポーツバー経営の傍ら、時おり故郷の久米島などで依頼があればバスケ教室で子どもたちにアドバイスしていた山城さん。先月から本格的に指導者の道を歩み出すことになった。学生時代からの後輩や、子どもたちがバスケをしている親からの強力な後押しがあったと語る。

「せっかくキングスにいたので子どもたちにバスケを教えたりという貢献はしたいなと前々から思ってはいました。(自身のバスケスクールの)コーチや父母の皆さんからお話をいただき、プッシュしていただいてスクールを“やろう”という感じで始めました。先月のオープンスクール(体験会)で来てもらって、ここでやりたいという子たちに加入してもらいました」

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2 3

関連記事

おすすめ記事

  1.  慰霊の日が近づくと、沖縄戦を語り継ぐことの大切さが毎年のように課題として挙げられる。戦後…
  2.  7月10日投開票の参議院議員選挙が22日、公示される。沖縄選挙区は現職の伊波洋一氏(70…
  3.  「月桃ゆれて 花咲けば 夏のたよりは 南風」-。鎮魂や反戦、平和への願いを込めた海勢頭豊…
  4.  国際通りの真ん中に位置するビル。エレベータを降りて2、3歩足を進めると、100席余のテー…
  5.  求人サイト「オキナビ」の運営などを行う株式会社プロアライアンス(大城佑斗代表)と沖縄県内…

特集記事

  1. 県庁
     今後10年の沖縄振興の指針となる新たな振興計画「新・沖縄21世紀ビジョン基本計画」(第6…
  2.  5月15日に東京と沖縄をオンラインで繋いで開かれた「沖縄復帰50周年記念式典」。壇上の大…
  3. 「沖縄県だけ特別措置を作ってもらっている現状をどう認識するのか。復帰50年を過ぎてもまだ国…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ