自動車ラリー南米王者は県系・知念選手「次は世界で頂点に」

 
ラリー界で世界を舞台に活躍するボリビア在住の知念ルイス選手(本人提供)

 ボリビア東部のサンタクルス市に、自動車レースのラリー競技でボリビアラリー選手権やFIA南米ラリー選手権で優勝するなど活躍している県系人がいる。沖縄県系2世の知念ルイス選手(45)だ。レースを優勝へ導くマシンの整備やドライバーの隣に座ってナビゲートを行うコ・ドライバーとしてボリビア国内や南米各国で1年に約14大会ほどに出場し、これまで得たトロフィーは優勝カップを含め約80個に及ぶ。

ラリー競技、コ・ドライバーとは

 ラリー競技は、基本的に一般公道で競技を行うことが特徴である。運転するドライバーと、助手席で道順を指示するコ・ドライバー(ナビゲーター)の2名1組が競技車両に乗り、指定された区間を走行して総合タイムの速さを競う。ヨーロッパを中心としてアフリカや中南米など世界中で人気が高く、日本でも全日本ラリー選手権や地方選手権などが積極的に行われている。

 ラリー競技の最高峰に位置するFIA世界ラリー選手権(WRC)だと、日数にして3日から4日、総走行距離にして約1,5000km、うちタイムを計るコース(スペシャルステージSS)は、300km〜400kmである。

ドライバーの隣に座ってナビゲートするコ・ドライバーの知念ルイス選手が乗るマシン。向かって左が本人(本人提供)

車内で真剣な表情の知念ルイス選手(中央)=本人提供
Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2 3

関連記事

おすすめ記事

  1.  慰霊の日が近づくと、沖縄戦を語り継ぐことの大切さが毎年のように課題として挙げられる。戦後…
  2.  7月10日投開票の参議院議員選挙が22日、公示される。沖縄選挙区は現職の伊波洋一氏(70…
  3.  「月桃ゆれて 花咲けば 夏のたよりは 南風」-。鎮魂や反戦、平和への願いを込めた海勢頭豊…
  4.  国際通りの真ん中に位置するビル。エレベータを降りて2、3歩足を進めると、100席余のテー…
  5.  求人サイト「オキナビ」の運営などを行う株式会社プロアライアンス(大城佑斗代表)と沖縄県内…

特集記事

  1. 県庁
     今後10年の沖縄振興の指針となる新たな振興計画「新・沖縄21世紀ビジョン基本計画」(第6…
  2.  5月15日に東京と沖縄をオンラインで繋いで開かれた「沖縄復帰50周年記念式典」。壇上の大…
  3. 「沖縄県だけ特別措置を作ってもらっている現状をどう認識するのか。復帰50年を過ぎてもまだ国…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ