キングスがリーグ一番乗りでCS進出確定 プロバスケ、三遠に92ー69

 
ドライブでゴールへ切り込むドウェイン・エバンス=6日、沖縄市の沖縄アリーナ

 プロバスケットボール男子Bリーグの琉球ゴールデンキングスが6日、リーグ22チーム中一番乗りでチャンピオンシップ(CS)進出を決めた。同日に沖縄市の沖縄アリーナで今季第44戦を行い、三遠(西地区)に92ー69で快勝してCS進出の条件となる西地区3位以内が確定。10連勝で40勝4敗となり、西地区の優勝マジックは1減らして9となった。

 出だしから各選手がバランス良く得点を挙げるキングスらしい攻撃で主導権を握った。北谷町出身の津山尚大に連続でスリーポイントを決められる場面もあったが、特別指定選手の松本礼太がすかさずスリーを決め返し、攻撃の流れを保持。第2Q(クオーター)に入っても勢いは止まらず、45ー26で前半を折り返した。

岸本隆一を抜きにかかる津山尚大

 第3Qに入ると、流れが一変する。三遠に激しい守備から速攻を連発され、このクオーターだけで30失点。一桁得点差まで詰め寄られる時間もあったが、ジャック・クーリーやアレン・ダーラムの力強いインサイド攻撃で着実に加点し、再び突き放して勝ち切った。

 三遠では津山がこの日放ったスリーポイント3本を全て沈め、沖縄市出身の山内盛久はチームトップの7アシストでけん引した。

 次節は9、10の両日、京都市体育館で京都ハンナリーズ(西地区)と連戦を行う。

会場を盛り上げるキングスダンサーズ

ダブルダブルのエバンス 我慢どころで攻守

 この日のヒーローはドウェイン・エバンスだった。チームトップの18得点に加え、リバウンドも11で2項目で二桁を記録する「ダブルダブル」を達成した。

 ただ、この数字以上に守備での貢献が光った。相手エースのエリアス・ハリスらにマッチアップし、体を張った守りで要所を引き締めた。

 エバンスは「バスケは展開が早く、相手が勢いに乗る時間帯もある。そういう時はより手堅い守備、良いショットを打つことを心掛けている」と言う。平常心でのプレーが、緊迫した場面での安定感を生んでいる。

 

試合後のマイクパフォーマンス。穏やかな表情を浮かべ、日本語であいさつするエバンス

 コート上での活躍もさることながら、日本語も目に見えて上達している。試合後のマイクパフォーマンスでは「今日も頑張りました。今スケジュールはめっちゃ大変(笑)。ありがとうございました」と日本語で話し、会場を沸かせた。今月は水曜の試合が4試合あり、1カ月で13試合を行う。

 毎晩1時間ほど日本語の勉強に励んでいるという。「毎日コーチや選手に質問してる。回りの日本人みんなが先生です」とチーム内の円滑なコミュニケーションが語学力の向上にも寄与しているようだ。

西1位でホームコートアドバンテージを

 キングスは新型コロナウイルスの影響でCSが中止になった2019-20シーズンを除き、3季連続でCS準決勝敗退を喫している。昨季は準決勝で千葉に1勝2敗で敗れ、初の決勝進出を阻まれた。

 シーズン優勝という高みを目指しているからこそ、試合後のロッカーでは「誰も(CS進出について)話さなかった」(コー・フリッピン)という。

 この日はフリースローを除き、シュート成功率100%で9得点、チームトップタイの5アシストを記録したフリッピンは「もちろんプレーオフに出場して優勝を目指したいが、今目指していることはチームや個人が毎試合成長することです」と足元を見詰める。

ゴールを狙うコー・フリッピン

 一方、西地区2位の島根もこの日、同4位の三河とのアウェー戦で、延長戦の末に白星を掴んで35勝10敗と好調を維持する。キングスとのゲーム差は5.5。3月に島根のホームであった直接対決の連戦では、1勝1敗で星を分けた。今月23、24の両日には沖縄アリーナで再び連戦を行う。

 CSの準々決勝と準決勝は上位チームのホームで行われるため、桶谷大HCは「CSで勝っていくためには、西地区1位になることは一番重要」と、ホームコートアドバンテージをつかみたい考え。まだレギュラーシーズンは10試合以上残っているため、「怪我人を休ませたりしながら、今いる選手で良い状態で戦っていきたい」とコンディション調整も重視する。緩むこと無く、CSに照準を合わせて戦っていく。 

Print Friendly, PDF & Email

長嶺 真輝

投稿者記事一覧

ながみね・まき。沖縄拠点のスポーツライター、フリーランス記者。
2022年3月まで沖縄地元紙で10年間、新聞記者を経験。
Bリーグ琉球ゴールデンキングスや東京五輪を担当。金融や農林水産、市町村の地域話題も取材。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1.  10月1日、株式会社プロアライアンスと琉球朝日放送株式会社(QAB)が協同して構築した、…
  2.  「久しぶりー!」「元気だったー!?」と、賑やかな声が飛び交う。10月2日に開催される「沖…
  3.  安室奈美恵、MAX、DA PUMP、SPEED、知念里奈、三浦大知…沖縄発で今現在も大活…
  4.  感染者数は依然として収束を見ないが、「ウィズコロナ」の広がりから徐々に国内からの入域客数…
  5.  サッカーJ2のFC琉球が、いよいよ崖っぷちに追い込まれた。  琉球は9月18日、沖…

特集記事

  1.  敵味方、民間人、軍人、国籍問わず、沖縄戦などで死没した全ての人々の氏名を刻む「平和の礎」…
  2.  2022年“選挙イヤー”の沖縄で最大の政治決戦となる9月11日の県知事選は、米軍普天間飛…
  3.  今年で本土復帰から50年の節目を迎える沖縄。9月11日には14回目の県知事選挙が行われる…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ