沖縄県春季高校野球 沖水が25年ぶり優勝、沖尚に6ー1

 

 第69回沖縄県春季高校野球大会は9日、北谷町のアグレスタジアム北谷で決勝を行い、沖縄水産が6ー1で沖縄尚学を破り、25年ぶり10度目の優勝を飾った。準決勝までの4試合で53得点を挙げた沖水と、5試合でわずか1失点という沖尚の”矛盾”対決は沖水に軍配が上がった。

 沖水は4月23~28日に宮崎県で開催される第150回九州地区大会に県代表として出場する。九州への出場は7季ぶり28度目となる。

優勝を飾った沖縄水産のメンバー=9日、北谷町のアグレスタジアム北谷

 犠飛や相手の失策で初回に2点を先制した沖水。二回に沖尚5番の川満渚生にソロホームランを打たれたが、三、四回にも1点ずつを追加し、さらに六回にスクイズと8番比嘉秀慈の右前適時打で2点を加え、勝負を決めた。

 決勝の前に行われた順位決定戦は、前原が宮古に4ー2で勝利した。

ピンチを楽しむ「エンジョイベースボール」

 打席から帰ってくる選手が次の打者に相手投手の球質を伝え、守備でも声掛けが途絶えない。沖縄水産が掲げたのは「エンジョイベースボール」。再三のピンチにも出場している選手とベンチが前向きさを貫き、最少失点で頂点に立った。

気迫十分の表情でボールを投げ込む沖縄水産の上原昂也投手

 チームテーマを最も体現したのは先発の上原昂也だ。毎回のように安打や四死球で走者を出すが、得意のカーブやキレのある直球を武器に、奪三振はゼロながら凡打の山を築き、適時打を許さない。陽射しが強く、暑さが堪える中、八回1死までを一人で投げ切った。

 「抑えた時は『やった』という気持ち。ピンチのヒヤヒヤ感も楽しめた」と頼もしい。準決勝で興南に逆転負けを喫した昨年の秋季大会は「全然回りが見えていなかった」と満足のいく投球はできなかったが、今大会を通して「ピンチにも落ち着いて投げられるようになり、成長を感じられた」と頬を緩めた。

身振り手振りで打者にサインを送る沖縄水産の上原忠監督

 相手に8安打を許し、チームの失策も三つ。上原忠監督は「1点で抑えてくれるとは思わなかった」と少し苦笑いを浮かべた。それでも昨秋から課題としていた守備を徹底して鍛え、選手のポジション変更もはまったと良い、大会を通して「秋よりは守りが良くなっている」と評価した

3安打の1番バッター川端主将

 「自分がキャプテンだから、自分が先頭で塁に出るとチームの指揮が上がる」

 沖水のリードオフマンを務める川端南海斗が、強い自覚をにじませた。言葉通り、初回に中前打で出塁し、先制のホームイン。6打席で3安打2四球と高い出塁率を記録し、相手投手にプレッシャーをかけ続けた。

一回表、ホームにスライディングして先制点を奪う沖縄水産の川端南海斗主将(右)

 名門同士の決勝。「沖縄尚学はこれまで沖縄水産のライバルで、天敵のようなチーム。より一層気合いが入った」と、優勝が決まった瞬間は全身で喜びを爆発させていた。

 春夏続けて出場した1998年以来、甲子園から遠ざかってる沖水。本命の夏に向け、川端は「自分達のバッティングは自信があるし、申し分ない。でも守備で3エラー。投手はいいピッチングをしてると思うので、投げやすい環境を夏までに築いていきたい」とさらなる守備の改善を見据える。

準優勝の沖尚 夏へ成長誓う

 何度もチャンスを迎えながら、残塁11で1得点にとどまった沖尚。守りでも4投手がマウンドに立って計10四死球と安定さを欠き、今大会で際立った堅守は影を潜めた。

二回裏、ソロホームランを放つ沖縄尚学の5番川満渚生

 「単純に自分達の力不足。沖水にのまれて、自分達のペースをつくれなかった。本番に弱い。悔しいの一言です」

 前盛魁来主将はそう振り返り、声を落とした。甲子園出場が懸かる夏に向け「春で出た課題をしっかり反省し、ワンプレーワンプレーを大事して取り組みたい」とチーム力の底上げを図っていく。

 

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

おすすめ記事

  1. 「沖縄県だけ特別措置を作ってもらっている現状をどう認識するのか。復帰50年を過ぎてもまだ国…
  2.  沖縄の市場やスーパーマーケットでは、昔から人々に親しまれている沖縄伝統菓子を今でも数多く…
  3.  「エネルギー自給率」という言葉を聞いたことがあるだろうか。石油やガス、太陽光など、発電な…
  4.  プロバスケットボールBリーグ1部西地区で5連覇を果たし、5月13日には年間王者を争うチャ…
  5.  喜納昌吉、73歳、音楽家。『ハイサイおじさん』『花~すべての人の心に花を~』などの代表曲…

特集記事

  1.  5月15日に東京と沖縄をオンラインで繋いで開かれた「沖縄復帰50周年記念式典」。壇上の大…
  2. 「沖縄県だけ特別措置を作ってもらっている現状をどう認識するのか。復帰50年を過ぎてもまだ国…
  3.  喜納昌吉、73歳、音楽家。『ハイサイおじさん』『花~すべての人の心に花を~』などの代表曲…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ