FC琉球、奇跡の残留へ望みつなぐ!金沢に2-1 9試合ぶり白星

 

 サッカーJ2のFC琉球が、奇跡のJ2残留に向けて望みをつないだ。

 10月9日、琉球は石川県の西部緑地公園陸上競技場で14位のツエーゲン金沢と今季第40戦を行い、2-1(前半2-1、後半0-0)で逆転勝利を収めた。通算成績は7勝20敗13分。勝ち点は34でいわてグルージャ盛岡と並び、得失点差で上回って最下位から21位に順位を上げた。J2に残留できる最低順位である20位のザスパクサツ群馬との勝ち点差は5。

 試合前、今季残り3試合を全勝することが残留の条件だった琉球。直近で7試合連続無得点という厳しい状況が続いていたが、執念で白星をつかんだ。次戦は16日に千葉県のフクダ電子アリーナで10位のジェフユナイテッド千葉と対戦し、今季最終戦となる5位の大分トリニータ戦は23日にホームで行う。

大本 今季初ゴールが殊勲の一発

 先制点は金沢。前半17分、右サイドの裏にパスを供給され、ダイレクトのクロスに頭で合わされて得点を許した。 

 得点力不足の琉球にとっては嫌な展開となったが、崖っぷちに追い込まれた状況下で意地を見せる。わずか3分後、DF大本祐槻が左サイドから右足でゴールに向かう絶妙なクロスを上げると、反応したFW野田隆之介が競り合いを制して強烈なヘディングシュートを放ち、すかさず同点に追い付いた。

 さらに前半終了間際、ペナルティエリア手前中央でこぼれ球を拾った大本が、今度は自らゴールを割る。右側に少しボールを動かしてズレをつくり、右足一線。コースを狙ったシュートは相手ディフェンダーに当たってコースが変わり、ゴール左隅に吸い込まれた。

 「何度も降格圏から脱出できるチャンスを逃してきた中で、今日がラストチャンスでした。選手も一層危機感を持って試合に入れました」と振り返る大本。長らくチームとして無得点が続いていたことを念頭に「ここ何試合も前線の選手が得点を取れてない中で、非常に責任を感じていました。高いシュートの意識を持って今日の試合に入ると決めていたので、ああいう形になってよかったです」と喜びを語った。

依然険しい道のり 気を緩めず

 J2残留に向けて首の皮一枚つながった琉球。ただ、道のりは依然として険しい。大本は「残り2試合に勢いが付く勝利になったと思う。あとの試合を2連勝して、必ず残留の貢献したいです」と力強く語った。

 ナチョ・フェルナンデス監督も気を緩めない。「守備は縦に速い攻撃を仕掛けてくる相手に対し、全体的なディフェンスラインのコントロールは悪くなかった。ただチャンスが多くある中で、3点目、4点目を取って早く仕留めきれなかったのは課題です」と厳しい表情を見せた。

Print Friendly, PDF & Email

長嶺 真輝

投稿者記事一覧

ながみね・まき。沖縄拠点のスポーツライター、フリーランス記者。
2022年3月まで沖縄地元紙で10年間、新聞記者を経験。
Bリーグ琉球ゴールデンキングスや東京五輪を担当。金融や農林水産、市町村の地域話題も取材。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1.  世界中から沖縄県系人や、沖縄にゆかりのある人が集結する「第7回世界のウチナーンチュ大会」…
  2. スターラックスの初便で台北から到着した乗客たち  台湾の新興航空会社「スターラックス航空」が…
  3.  サッカーJ2のFC琉球が、J3降格圏内となる22チーム中21位で今季を終えた。10月23…
  4.  無駄のない美しいフォームから繰り出す伸びのあるストレートに、スライダー、カーブなど多彩な…
  5.  「最高に幸せでしたぁーー!!」。宜野湾コンベンションセンターのステージ上でたくさんの出演…

特集記事

  1. 観光事業者の代表が集まる「沖縄ツーリズム産業団体協議会」 「観光客が戻っていても、観光業界の…
  2.  環境省は24日、石垣島沖にある国内最大のサンゴ礁海域「石西礁湖(せきせいしょうこ)」を9…
  3.  23日に投開票される那覇市長選。届出順に無所属新人で「オール沖縄」勢力が支援する前県議の…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ