シンガポールに学ぶ“アジアのダイナミズム”吸収力

 

シンガポールの他にモデルとするべき場所は

―経由地として有利になるには、どういう点が大切だと思いますか。

「例えば北米から東南アジアに物を運ぶ場合、シンガポールは補給や積み荷処理などを効率良くできる環境が整っていることで知られています。英語が公用語になっているので、英語で書類を作れるのも大きいと思います。海外の人にとって日本語で文章を作るのは大変なので、英語で文章を作れる仕組みがあれば、そこにビジネスチャンスは生まれると思います。沖縄は外国人も多く住むので、他の県に比べれば英語が浸透しやすいのかなと思います。海外資本にとって、日本マーケットへ入るために沖縄を経由した方が良い、などの価値を発揮できれば、更にビジネス発展が加速するかと思います」

那覇都市圏

―沖縄がシンガポールの他にモデルとすべき地域はどこだと考えますか。

「沖縄はシンガポールを戦略のトレース材料として活用できるのは良いことだなと思いますので、参考にできるような部分を選んでいけば良いと思います。その他に参考にできそうなのは、ハワイとオーストラリアではないでしょうか。ハワイは一部地域にラグジュアリー観光が楽しめるエリアが集中している一方で、他の大部分は自然が豊かで感性に訴えられる場所が占めます。このように、魅力に専門性を持たせて、一点突破に振り切って特化していくということも策の一つだと思います。また、都市に近いところにあんなにきれいな海があるのは沖縄の大きな財産ではないでしょうか」

「オーストラリアは外国に頼らずとも一国だけで自立できている段階にいると思います。移民を多く受け入れることでも、発展をしてきたと思いますが、現在では移住や移民が非常に難しい国になっているようで、外国資本の力を借りなくてもやっていけるということの現れだと思います。沖縄は、海外資本の誘致も進めつつ、環境保全にももっと力を入れ、島ならではのある種のブランド力を身につけていくことが、更なる発展の糸口になると思います」

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:
1 2

3

長濱 良起

投稿者記事一覧

フリーランス記者。
元琉球新報記者。教育行政、市町村行政、基地問題の現場などを取材する。
琉球大学マスコミ学コース卒業後、県内各企業のスポンサードで世界30カ国を約2年かけて巡る。
2018年、北京・中央民族大学に語学留学。
1986年、沖縄県浦添市出身。著書に「沖縄人世界一周!絆をつなぐ旅!」(編集工房東洋企画)

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1.  沖縄の行事や観光映画などを収めた古い映像資料の修復・保存を数多く担う東京の業者がある。株…
  2.  42.195kmの道のり、厳しい坂を登り切ってのゴール。9月5日に行われた東京パ…
  3.  菅義偉首相が新型コロナウイルス対策に専念することを理由に、自民党総裁選への不出馬を表明し…
  4.  新型コロナウイルスの感染拡大が止まらない沖縄。8月25日にはついに感染者数が800名を超…
  5.  沖縄が全国に実力を誇る「ハンドボール」。今回の東京オリンピック女子ハンドボール日…
琉球海運_広告国場組大寛組前田鶏卵
前田鶏卵大寛組国場組琉球海運_広告

特集記事

  1.  教員免許に10年の“有効期限”を設け、更新しなければ失効してしまうという教員免許…
  2.  教員免許に10年の“有効期限”を設け、更新しなければ失効してしまうという教員免許…
  3.  内閣府は2022年度沖縄振興予算の概算要求額を2998億円とする方針を固めた。仲井眞弘多…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ