シンガポールに学ぶ“アジアのダイナミズム”吸収力

 

 4月1日から始まる新年度の県政運営の方針として、玉城デニー県知事は「アフターコロナを見据え、アジアのダイナミズムを取り込むインフラ整備やネットワーク連携強化などを推進する」と表明した。物流拠点や経済特区を目指す沖縄にとって、東南アジアでの成功例としてモデルケースとされることも多いシンガポール。生後間もなくから高校卒業までをシンガポールで過ごし、その後に日本・シンガポール両国で人材コンサルタントなどでの勤務経験がある株式会社レキサン(那覇市)の花岡利季さんに、沖縄が国際都市として花開くための未来像を聞いた。

鍵は法制度、物流、航空

株式会社レキサンの花岡利季さん

―沖縄がシンガポール的な発展の仕方を目指す上で、足りないものは何でしょうか。

「1つ目は法制度だと思います。シンガポールは『リージョナルヘッドクォーター(地域本社)』としてすごく適切な場所なんですね。シンガポールを中心にして、マレーシアやインドネシア、フィリピンなどを統括しやすい状況が整っていると思います。手続きは他の地域に比べて難しくなく、高額な費用がかからずに会社の設立が行えます。さらに、法人税が低く抑えられています」

「2つ目がシッピング(物流)ビジネスです。シンガポールの港湾は非常に優れていて、IT化も進んでいると思います。リアルタイムで周辺海域の船がどう動いているのかを察知しやすく、地理的にも東南アジアの中心に位置しているので、シンガポールを経由していろんな場所へ行きやすいです。3つ目に航空路線の充実です。24時間稼働しているシンガポールのチャンギ空港は(英国の航空調査会社の格付けでは)世界最高レベルだと言われており、多くの飛行機が離発着しています。これも海外資本やリージョナルヘッドクォーターを誘致しやすい要因だと思います」

シンガポールのチャンギ空港
Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2 3

関連記事

おすすめ記事

  1.  慰霊の日が近づくと、沖縄戦を語り継ぐことの大切さが毎年のように課題として挙げられる。戦後…
  2.  7月10日投開票の参議院議員選挙が22日、公示される。沖縄選挙区は現職の伊波洋一氏(70…
  3.  「月桃ゆれて 花咲けば 夏のたよりは 南風」-。鎮魂や反戦、平和への願いを込めた海勢頭豊…
  4.  国際通りの真ん中に位置するビル。エレベータを降りて2、3歩足を進めると、100席余のテー…
  5.  求人サイト「オキナビ」の運営などを行う株式会社プロアライアンス(大城佑斗代表)と沖縄県内…

特集記事

  1. 県庁
     今後10年の沖縄振興の指針となる新たな振興計画「新・沖縄21世紀ビジョン基本計画」(第6…
  2.  5月15日に東京と沖縄をオンラインで繋いで開かれた「沖縄復帰50周年記念式典」。壇上の大…
  3. 「沖縄県だけ特別措置を作ってもらっている現状をどう認識するのか。復帰50年を過ぎてもまだ国…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ