ブルーシールがギフト一新 県産きび糖使用&プラゴミ大幅削減

 

 アイスクリーム販売などを行うフォーモストブルーシール株式会社は、4月1日から「ブルーシールギフト」をリニューアル発売している。すべてのフレーバーに沖縄県産きび糖を加えた他、梱包資材を発泡スチロールから段ボールへと変更することで年間約17tのプラスチックごみ削減を見通す。(2021年出荷比)

 ブルーシールギフトは12フレーバーからなり、12個入り、18個入り、24個入り、36個入りがある。

 12フレーバーのうち6種類はバニラやチョコレートなど定番アイスを、残り6種類は沖縄紅イモや沖縄マンゴー、塩ちんすこうといった沖縄ならではの味わいを用意しており、そのすべてに5%の沖縄県産きび糖を使用している。

 今回、発送資材を発泡スチロールから段ボールへと転換させたのは、プラスチックごみ削減の他、資源ごみとして各家庭で廃棄しやすいようにとの狙いもある。アイスが溶けにくいように箱の構造や輸送システムを整備し、品質面には影響はないという。

 段ボールの箱となったことでパッケージデザインも一新。“沖縄から届いた贈り物”をコンセプトに、沖縄の海を空が昼と夕方とで見せる違う表情を、パッケージの表と裏で表現している。

Print Friendly, PDF & Email

長濱 良起

投稿者記事一覧

フリーランス記者。
元琉球新報記者。教育行政、市町村行政、基地問題の現場などを取材する。
琉球大学マスコミ学コース卒業後、県内各企業のスポンサードで世界30カ国を約2年かけて巡る。
2018年、北京・中央民族大学に語学留学。
1986年、沖縄県浦添市出身。著書に「沖縄人世界一周!絆をつなぐ旅!」(編集工房東洋企画)

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1.  10月1日、株式会社プロアライアンスと琉球朝日放送株式会社(QAB)が協同して構築した、…
  2.  「久しぶりー!」「元気だったー!?」と、賑やかな声が飛び交う。10月2日に開催される「沖…
  3.  安室奈美恵、MAX、DA PUMP、SPEED、知念里奈、三浦大知…沖縄発で今現在も大活…
  4.  感染者数は依然として収束を見ないが、「ウィズコロナ」の広がりから徐々に国内からの入域客数…
  5.  サッカーJ2のFC琉球が、いよいよ崖っぷちに追い込まれた。  琉球は9月18日、沖…

特集記事

  1.  敵味方、民間人、軍人、国籍問わず、沖縄戦などで死没した全ての人々の氏名を刻む「平和の礎」…
  2.  2022年“選挙イヤー”の沖縄で最大の政治決戦となる9月11日の県知事選は、米軍普天間飛…
  3.  今年で本土復帰から50年の節目を迎える沖縄。9月11日には14回目の県知事選挙が行われる…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ