金武町長選は仲間氏が3選 山川氏に975票差

 
金武町役場

 任期満了に伴う沖縄県金武町長選挙が3日投開票され、現職の仲間一氏(67)=無所属=が3053票を獲得し、新人で前町観光協会会長の山川宗仁氏(45)=無所属=を破って3選を果たした。投票率は57.62%。

 仲間氏はコロナ禍やコロナ収束後の経済対策などを前面に打ち出した他、沖縄本島東海岸の幹線道路である国道329号の渋滞緩和や町役場の複合新庁舎建設などを公約に掲げた。学校給食費や18歳までの医療費の無償化実現や、待機児童ゼロ化など2期8年の実績が評価された形だ。

 山川氏は「町民中心政治」を掲げ、社会福祉士・経営者である視点を生かして町政刷新を訴えたものの及ばなかった。

 投票率は、2014年の前回町長選(2018年は無投票)の投票率75.24%と比べて17.62ポイントも減少した。

金武町選挙管理委員会(最終)

仲間一氏  3053票
山川宗仁氏 2078票

有効投票数 5131票/無効投票数46票

仲間一(なかま・はじめ)
2007年から13年まで金武町教育長を務め、14年の町長選で初当選。1955年生まれ。

Print Friendly, PDF & Email

長濱 良起

投稿者記事一覧

フリーランス記者。
元琉球新報記者。教育行政、市町村行政、基地問題の現場などを取材する。
琉球大学マスコミ学コース卒業後、県内各企業のスポンサードで世界30カ国を約2年かけて巡る。
2018年、北京・中央民族大学に語学留学。
1986年、沖縄県浦添市出身。著書に「沖縄人世界一周!絆をつなぐ旅!」(編集工房東洋企画)

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1.  沖縄県内各地域で受け継がれてきたその土地の言葉「しまくとぅば」。文化やアイデンティティの…
  2. サッカーの沖縄キャンプをPRする(左から)まーちゃん、尾形貴弘さん、髙原直泰さん=1月10日、豊見…
  3.  台湾の金門島をご存じでしょうか?「台湾の」と書きましたが、島の位置としては「え?なんでここが台湾…
  4.  沖縄の「長寿県」という称号はもはや過去のものとなった。厚生労働省が12月23日に発表した…
  5.  年末が差し迫ってきて「そろそろ大掃除の時期だな…」と感じ始めている人も多くなっている今日…

特集記事

  1.  八千代エンジニヤリング株式会社(東京都)はこのほど、琉球大学工学部の神谷大介准教授と共同…
  2. 今年の正月に首里城で開かれた「新春の宴」にて  2022年は観光業界だけでなく、経済界も含め…
  3.  沖縄県と沖縄観光コンベンションビューロー(OCVB)は1月4日、首都圏・阪神圏在住の現在…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ