沖縄振興計画素案発表「日本経済への貢献」前面に

 

海洋研究で新たな発電エネルギーを

久米島の海(https://098free.com より)

 素案では新たに、首里城の復元・復興についても触れられた。その復元過程においても「文化、教育、観光」の観点から活用し、「復元の進捗状況に関して最大限の情報公開を行い、首里城の復興や琉球文化に共感する県内外のすべての人が参画できるプロセスが重要である」としている。

 さらに、ブルーエコノミー(海洋経済)についても言及された。海に囲まれた沖縄県の立地を活かして、海洋温度差、潮流、波力などを活用した発電に向けた研究開発の促進を目指す。現状では石炭など化石燃料での火力発電が中心だが、そうした電力事情の転換も目指すとした。

 再生可能エネルギー、メタンハイドレート、海底熱水鉱床などの調査研究拠点として重要な立地にあることから、県内離島への関連施設の設置を積極的に検討する。海洋政策推進の新たな拠点となる国の「海洋政策センター(仮称)」の構想構築に向けた取り組みも進めるとした。

「自立型経済」の早期実現を

 今回の素案にも盛り込まれている「自立型経済」は、長きに渡って議論・提唱され、沖縄が抱え続ける課題の一つの根本と言える。一方で、貧困問題はますます表面化し、教育格差の問題は改善こそされているものの未だに全国と差は大きい。

 実施から10年間の将来を描き、今後の県政にも継続性を持って考え方のベースとなる、影響力のある計画となる。沖縄振興計画が国の方針に肉付けするだけではなく、従来よりも「自立型経済」に向けた独自の具体策を打ち出せていれば、県民はもちろん政府や国民に対しても、沖縄振興特別措置法を延長する妥当性が示される。

 

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:
1 2

3


長濱 良起

投稿者記事一覧

フリーランス記者。
元琉球新報記者。教育行政、市町村行政、基地問題の現場などを取材する。
琉球大学マスコミ学コース卒業後、県内各企業のスポンサードで世界30カ国を約2年かけて巡る。
2018年、北京・中央民族大学に語学留学。
1986年、沖縄県浦添市出身。著書に「沖縄人世界一周!絆をつなぐ旅!」(編集工房東洋企画)

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1.  サッカーJ3のFC琉球が、第2次金鍾成(キン・ジョンソン)監督体制下の初陣を白星で飾った…
  2. 今季から琉球ゴールデンキングスに加入したアレックス・カーク(左から2人目)やヴィック・ローら=16…
  3.  FC琉球の監督が、また代わった。  サッカーJ3で20チーム中18位に沈む琉球は1…
  4. 戦前に首里城正殿前に設置されていたバスケットボールゴールを再現した首里高校の生徒ら=8月27日、那…
  5.  8月12日、浦添市のアイム・ユニバースてだこホール市民交流室は熱気が渦巻いていた。ステー…

特集記事

  1. 再びFC琉球の指揮を執ることになり、トレーニング中に選手たちに指示を送る金鍾成監督=19日、東風平…
  2. ヴィック・ロー(中央)の入団会見で記念撮影に応じる琉球ゴールデンキングスの(左から)安永淳一GM、…
  3. 沖縄県庁  沖縄県は、地域の緊張を和らげようと、4月から「地域外交室」を設置し、照屋義実副知…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ