沖縄振興計画素案発表「日本経済への貢献」前面に

 
沖縄県庁

 来年度にあたる2022年度から10年間の振興のあり方を決める次期沖縄振興計画の素案を、県が1日に発表した。
 素案は、沖縄が経済成長著しいアジアに近い優位性を活かしつつ、日本経済全体への貢献を前面に出したものとなっている。さらに、首里城復興や海洋資源開発の在り方にも触れ、ハード・ソフト両面からの発展と自立型経済の実現を目指す。
 今後、県振興審議会への諮問・答申などを経て、来年3月に次期振興計画の策定に至る。

■関連リンク 新たな振興計画(素案)の公表について|沖縄県

「日本をリードする」視点から

 沖縄振興計画とは、「歴史的、地理的、自然的、社会的な特殊事情に由来する条件の不利性」を鑑み、2002年に制定された沖縄振興特別措置法に基づいて10年に一度、策定されている。同様の地域振興法は、北海道、小笠原諸島、奄美群島などにも講じられている。

 計画実施に向けては、一括交付金などの財政・税制面、沖縄振興開発金融公庫による金融面などで国が支援することになっている。

 現在の振興計画は、来年3月で期限切れを迎え、現在、県が次期計画の策定を進めている。なお、今年5月に玉城デニー県知事が自民党沖縄振興調査会や河野太郎沖縄担当相に期間の延長を要請したが、同調査会の小渕優子会長から「国民にきちんと説明ができるように、深堀りし、ビジョンを示してほしい」と釘を刺された経緯もある。

 6月1日に発表された振興計画の素案に、「沖縄がどう日本経済に貢献できるか」が前面に謳われているのは、こうした自民党内の雰囲気を反映して、沖縄県民のみならず日本国民全体を納得させる必要に迫られたためとみられる。

那覇市
那覇市中心部
Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2 3

関連記事

おすすめ記事

  1.  菅政権が2050年までに地球温暖化ガスの排出量をゼロにする、いわゆる「カーボンニュートラ…
  2.  6月1日、県は2022年度から10年間の振興のあり方を決める次期沖縄振興計画の素案を公表…
  3.  「ブルーシールアイスクリーム」を展開するフォーモスト・ブルーシール株式会社(浦添…
  4. 「コロナで失業しました。子供がいることで不採用にもなった所が何か所かありました。仕事が探せ…
  5.  5月23日に4度目となる緊急事態宣言が始まった沖縄県。GW明けから新型コロナウイルスの感…
琉球海運_広告国場組大寛組前田鶏卵
前田鶏卵大寛組国場組琉球海運_広告

特集記事

  1.  菅政権が2050年までに地球温暖化ガスの排出量をゼロにする、いわゆる「カーボンニュートラ…
  2.  6月1日、県は2022年度から10年間の振興のあり方を決める次期沖縄振興計画の素案を公表…
  3.  昨年3月、那覇空港の第二滑走路が開業した。だが、その第二滑走路に着陸した航空機がターミナ…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ