「発展」ではなく「持続可能」な社会を 次期沖縄振興計画にツッコむ

 
パブリックコメントの提出を呼び掛ける「沖縄未来提案プロジェクト」のWEBサイト

 沖縄県が今後10年の振興の方向性や基本施策を明示するものとして、「持続可能な沖縄の発展」と「誰一人取り残さない社会」を掲げる新たな沖縄振興計画の骨子案。1月に発表され、2月28日までパブリックコメントを募集している。

 各分野で活動する有志でこの骨子案を読み込んで“ツッコミ”を入れながらレビューする会「沖縄未来提案プロジェクト」は、現場レベルの市民から出た提案を計画に反映させるための活動を展開中だ。

経済ベースではSDGsが置いてけぼり

「『発展』や『開発』という言葉が多用されていることに象徴されていますが、思考様式が経済ベースになっているので、県民と県民の生活、そしてSDGsの概念が置いてかれている印象です。これでは『誰一人取り残されない社会』の実現は程遠いと思います」

 声掛け人の石垣綾音さんは、骨子案全体に通底する大きなツッコミ所として先ずこう語った。骨子案の計画目標には「持続可能な沖縄の発展」とあるが、すでにこのワーディングに経済ベースで物事を捉えている姿勢がにじむ。

「SDGsの本義をみると、持続可能にすべきは人間が社会的に豊かな生活をすることであって、経済的な『発展』を持続することが目的ではないはずです。SDGsの達成も目指すのであれば、持続可能な“社会”というニュアンスのフレーズを使う方が誤解されにくいと考えます。」

次期振興計画への提案について話す石垣綾音さん
Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2 3

関連記事

おすすめ記事

  1.  世界中から沖縄県系人や、沖縄にゆかりのある人が集結する「第7回世界のウチナーンチュ大会」…
  2. スターラックスの初便で台北から到着した乗客たち  台湾の新興航空会社「スターラックス航空」が…
  3.  サッカーJ2のFC琉球が、J3降格圏内となる22チーム中21位で今季を終えた。10月23…
  4.  無駄のない美しいフォームから繰り出す伸びのあるストレートに、スライダー、カーブなど多彩な…
  5.  「最高に幸せでしたぁーー!!」。宜野湾コンベンションセンターのステージ上でたくさんの出演…

特集記事

  1. 観光事業者の代表が集まる「沖縄ツーリズム産業団体協議会」 「観光客が戻っていても、観光業界の…
  2.  環境省は24日、石垣島沖にある国内最大のサンゴ礁海域「石西礁湖(せきせいしょうこ)」を9…
  3.  23日に投開票される那覇市長選。届出順に無所属新人で「オール沖縄」勢力が支援する前県議の…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ