「発展」ではなく「持続可能」な社会を 次期沖縄振興計画にツッコむ

 
パブリックコメントの提出を呼び掛ける「沖縄未来提案プロジェクト」のWEBサイト

 沖縄県が今後10年の振興の方向性や基本施策を明示するものとして、「持続可能な沖縄の発展」と「誰一人取り残さない社会」を掲げる新たな沖縄振興計画の骨子案。1月に発表され、2月28日までパブリックコメントを募集している。

 各分野で活動する有志でこの骨子案を読み込んで“ツッコミ”を入れながらレビューする会「沖縄未来提案プロジェクト」は、現場レベルの市民から出た提案を計画に反映させるための活動を展開中だ。

経済ベースではSDGsが置いてけぼり

「『発展』や『開発』という言葉が多用されていることに象徴されていますが、思考様式が経済ベースになっているので、県民と県民の生活、そしてSDGsの概念が置いてかれている印象です。これでは『誰一人取り残されない社会』の実現は程遠いと思います」

 声掛け人の石垣綾音さんは、骨子案全体に通底する大きなツッコミ所として先ずこう語った。骨子案の計画目標には「持続可能な沖縄の発展」とあるが、すでにこのワーディングに経済ベースで物事を捉えている姿勢がにじむ。

「SDGsの本義をみると、持続可能にすべきは人間が社会的に豊かな生活をすることであって、経済的な『発展』を持続することが目的ではないはずです。SDGsの達成も目指すのであれば、持続可能な“社会”というニュアンスのフレーズを使う方が誤解されにくいと考えます。」

次期振興計画への提案について話す石垣綾音さん
Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2 3

関連記事

おすすめ記事

  1.  菅政権が2050年までに地球温暖化ガスの排出量をゼロにする、いわゆる「カーボンニュートラ…
  2.  6月1日、県は2022年度から10年間の振興のあり方を決める次期沖縄振興計画の素案を公表…
  3.  「ブルーシールアイスクリーム」を展開するフォーモスト・ブルーシール株式会社(浦添…
  4. 「コロナで失業しました。子供がいることで不採用にもなった所が何か所かありました。仕事が探せ…
  5.  5月23日に4度目となる緊急事態宣言が始まった沖縄県。GW明けから新型コロナウイルスの感…
琉球海運_広告国場組大寛組前田鶏卵
琉球海運_広告前田鶏卵国場組大寛組

特集記事

  1.  菅政権が2050年までに地球温暖化ガスの排出量をゼロにする、いわゆる「カーボンニュートラ…
  2.  6月1日、県は2022年度から10年間の振興のあり方を決める次期沖縄振興計画の素案を公表…
  3.  昨年3月、那覇空港の第二滑走路が開業した。だが、その第二滑走路に着陸した航空機がターミナ…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ