「発展」ではなく「持続可能」な社会を 次期沖縄振興計画にツッコむ

 
パブリックコメントの提出を呼び掛ける「沖縄未来提案プロジェクト」のWEBサイト

 沖縄県が今後10年の振興の方向性や基本施策を明示するものとして、「持続可能な沖縄の発展」と「誰一人取り残さない社会」を掲げる新たな沖縄振興計画の骨子案。1月に発表され、2月28日までパブリックコメントを募集している。

 各分野で活動する有志でこの骨子案を読み込んで“ツッコミ”を入れながらレビューする会「沖縄未来提案プロジェクト」は、現場レベルの市民から出た提案を計画に反映させるための活動を展開中だ。

経済ベースではSDGsが置いてけぼり

「『発展』や『開発』という言葉が多用されていることに象徴されていますが、思考様式が経済ベースになっているので、県民と県民の生活、そしてSDGsの概念が置いてかれている印象です。これでは『誰一人取り残されない社会』の実現は程遠いと思います」

 声掛け人の石垣綾音さんは、骨子案全体に通底する大きなツッコミ所として先ずこう語った。骨子案の計画目標には「持続可能な沖縄の発展」とあるが、すでにこのワーディングに経済ベースで物事を捉えている姿勢がにじむ。

「SDGsの本義をみると、持続可能にすべきは人間が社会的に豊かな生活をすることであって、経済的な『発展』を持続することが目的ではないはずです。SDGsの達成も目指すのであれば、持続可能な“社会”というニュアンスのフレーズを使う方が誤解されにくいと考えます。」

次期振興計画への提案について話す石垣綾音さん
Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2 3

関連記事

おすすめ記事

  1.  県振興推進委員会は29日、新たな沖縄振興計画の骨子案を決定した。県土の方向性として、「地…
  2.  沖縄民謡とシンセサイザーを融合した音楽を作詞作曲、CMや番組のテーマ曲などを提供し、リゾ…
  3.  2021年1月20日、J2に所属する沖縄のプロサッカーチームFC琉球が始動した。真っ青に…
  4.  旅を愛する女優・柴田千紘さんに、沖縄リピーターの立場で見た"冬の沖縄"を素直な視点で描い…
  5.  「強烈な違和感を持った」 2022年度以降の沖縄振興計画をめぐって、去年12月30日に読…
国場組大寛組前田鶏卵

特集記事

  1. 「さすがに家賃の上がり方が異常でした」  そう振り返るのは、宮古島市平良の「住宅情報…
  2.  「強烈な違和感を持った」 2022年度以降の沖縄振興計画をめぐって、去年12月30日に読…
  3.  ことし、26年間の歴史に幕を下ろした老舗ライブハウス「宜野湾HUMAN STAGE(ヒュ…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ