「発展」ではなく「持続可能」な社会を 次期沖縄振興計画にツッコむ

 

全ての人に関係する「人権」の視点

 提案プロジェクトの話し合いでは、人権についての言及が不足していることも大きな問題点の1つとして話題に上った。

 目標にも掲げられ、玉城デニー知事も度々口にする「誰一人取り残さない」というフレーズは、世界人権宣言や日本国憲法にもある「基本的人権の尊重」にもつながる。そのことを踏まえて骨子案をみると、人権の保障についての文言が少ない上に、対象が限定的だという。

「LGBTや貧困、障がい、ルーツなどの多様性を巡る問題に関して、現在の骨子案には『マイノリティだから助ける』というニュアンスがあります。でも、これまで社会的弱者の問題として捉えられてきたものは、誰にでも当てはまるもので、誰でもマイノリティになりうることを忘れてはいけません。
 人権を社会的弱者にだけ適用するのではなく、全ての人1人1人に関係するものという見方を反映させることで、沖縄21世紀ビジョンが実現した時に全ての県民がその恩恵を受けられることにつながります。
 なので、先ずは保障の水準の最低ラインを上げること。そこからがそれぞれの権利の保障について、本当のスタートになると思うんです」

プロジェクトの部会の一部。各分野の議論の要点が読めるので、参考にしながらパブコメを出せる(沖縄未来提案プロジェクトのWEBサイトより)

興味があるところからパブコメを出そう

 沖縄未来提案プロジェクトは貧困対策、交通、環境、歴史・地域教育など約20の部会で、それぞれの関係者と県民を中心に有志50人以上が関わって議論を重ねている。WEBサイトでは各部会の議論の要点が読めるほか、パブリックコメントに使える資料のダウンロードもできる。

 プロジェクトでは県の応募の期限となる2月28日にパブリックコメントをまとめて提出し、3月中に提言書をまとめて提出する予定だ。

 石垣さんは「プロジェクトでの取り組みをきっかけにパブコメを出そうという人が少しでも増えたらうれしい。県民全ての未来に関わることなので、多くの人に興味を持ってもらいたい」と語った。

◆沖縄未来提案プロジェクトのWEBサイト / Twitterはコチラ

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:
1 2

3

真栄城 潤一

真栄城 潤一

投稿者記事一覧

1985年生まれ、那覇市出身。
元新聞記者、その前はバンドマン(ドラマー)。映画、音楽、文学、それらをひっくるめたアート、さらにそれらをひっくるめた文化を敬い畏れ、そして愛す。あらゆる分野のクリエイティブな人たちの活動や言葉を発信し、つながりを生み、沖縄の未来に貢献したい、と目論む。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1.  県振興推進委員会は29日、新たな沖縄振興計画の骨子案を決定した。県土の方向性として、「地…
  2.  沖縄民謡とシンセサイザーを融合した音楽を作詞作曲、CMや番組のテーマ曲などを提供し、リゾ…
  3.  2021年1月20日、J2に所属する沖縄のプロサッカーチームFC琉球が始動した。真っ青に…
  4.  旅を愛する女優・柴田千紘さんに、沖縄リピーターの立場で見た"冬の沖縄"を素直な視点で描い…
  5.  「強烈な違和感を持った」 2022年度以降の沖縄振興計画をめぐって、去年12月30日に読…
国場組大寛組前田鶏卵

特集記事

  1. 「さすがに家賃の上がり方が異常でした」  そう振り返るのは、宮古島市平良の「住宅情報…
  2.  「強烈な違和感を持った」 2022年度以降の沖縄振興計画をめぐって、去年12月30日に読…
  3.  ことし、26年間の歴史に幕を下ろした老舗ライブハウス「宜野湾HUMAN STAGE(ヒュ…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ