県内特A工事、合計売上高が2.1%減の3861億円

 

コロナ影響は次回決算期「まともに」

 データを分析した同支店の末永真基氏は「まだコロナの影響をまともに受ける前の決算だったので、総額が減ったのはコロナによるものではなく、共同住宅などを手がける業者への投資を銀行が避け出したことが原因の1つだとみています」と述べる。

 新型コロナ関連では、ホテルや商業施設の建設需要減退も響き、新規の受注ではなくて手持ち物件を中心に対応する企業が多い傾向にあった。さらに、公共需要もコロナ対策によって逼迫している現状から、今後は全体的な需要減が懸念され、来年には建設業全体で業況が変動する可能性が高いという。

「2020年11月~2021年10月の決算では、どの業者もほぼフルで影響を受けてる状態になります。建設業では、コロナ前は受注案件が人手不足になるほどに多く、いろんな業者が“お腹いっぱい”の状態でした。そんな中でコロナ禍を迎えたので、初期は影響が少なくしばらくは持ちました。しかし、昨年秋口頃からはさすがに営業に動き出す業者も出始めてるのが現状です」

 売上高100億円以上の10社の合計は1,681億7,200万円で、総合計の43.5%を占めた。黒字社数は前期の92社から8社増の100社となった。黒字総合計は117億3,043万円で、前期比5.6%増。一方、赤字社数は前期から8社減少の4社となり、赤字総合計は前期比73.8%減の1億4,265万円だった。
 赤字社数の減少要因としては、人件費単価が上昇基調にかかわらず全体的な受注減による外注費の圧縮が進んだこと、加えて費用変動分を考慮した受注ができていることによる損益分岐点売上高を超えたことが挙げられている。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:
1

2

真栄城 潤一

投稿者記事一覧

1985年生まれ、那覇市出身。
元新聞記者、その前はバンドマン(ドラマー)。映画、音楽、文学、それらをひっくるめたアート、さらにそれらをひっくるめた文化を敬い畏れ、そして愛す。あらゆる分野のクリエイティブな人たちの活動や言葉を発信し、つながりを生み、沖縄の未来に貢献したい、と目論む。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1.  小笠原諸島・福徳岡ノ場の海底火山噴火に由来するとみられ、10月中旬に沖縄県沿岸に漂着した…
  2.  第二次世界大戦後、沖縄県が食糧難に直面した際、海外に移住したウチナーンチュ(沖縄…
  3.  国内有数の進学校、灘中学校・高等学校(兵庫県)の元英語教員で「夢をかなえる英単語ユメタン…
  4.  10月中旬に沖縄県への軽石漂着が確認されてから1ヶ月以上が経った。軽石は漁業や観光、周辺…
  5.  沖縄の伝統工芸のひとつ、琉球漆器は中国から技法や原材料が持ち込まれ、14世紀ごろからその…
琉球海運_広告国場組大寛組前田鶏卵
前田鶏卵琉球海運_広告大寛組国場組

特集記事

  1.  国内有数の進学校、灘中学校・高等学校(兵庫県)の元英語教員で「夢をかなえる英単語ユメタン…
  2.  国内有数の進学校、灘中学校・高等学校(兵庫県)の元英語教員で「夢をかなえる英単語ユメタン…
  3.  公益財団法人「みらいファンド沖縄」が「子どもの人権保障」という観点から、部活動に取り組む…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ