軍備増強に反対する県民平和大集会 玉城知事も参加

 
多くの参加者があった県民平和大集会=23日、那覇市の奥武山公園陸上競技場

 那覇市で23日、「11・23県民平和大集会」が開催され、玉城デニー知事も参加した。登壇した玉城知事は、「復帰51年たった沖縄になお、日本全体の70%余りの米軍基地面積を押しつけられている不条理を正していかなければならない」と強調した。

 玉城知事は、「なぜ、日本政府は沖縄の不条理に正面から向き合おうとしないのか。その不条理が存在する限り、県民はこれからも絶対にひるむことなく行動する。平和のための声を上げ続けていこう」とも述べた。

 髙良鉄美参院議員は「中国の行政官と会ったが、沖縄を非常に心配している。日本との間で戦争をしないんだと、何度も話していた。県民の皆さんは、万国津梁の役割を沖縄が果たすと、強い決意を持っていると思う」と語った。

 また、「本当に、島々がミサイルの島になってしまう。沖縄を戦場しない、戦争をさせないという声を届けていくことはとても大事だ。辺野古の代執行を認めないという、知事の姿勢は非常に大きなものだ」と訴えた。

★関連記事

  玉城知事、改めて国に「対話」求める 辺野古代執行訴訟が即日結審

  宮古島への電子戦部隊配備で住民説明会を要請

 「毎年のように訪中を」中国大使、玉城知事に要請

  沖縄県議会議長、中国大使に「ミサイル」「尖閣」で抗議

 「平和主義」と「歴史回帰」地域外交、慎重な対応を

 「民主主義の団結重要」台北駐日経済文化代表処那覇分処・王瑞豊処長

Print Friendly, PDF & Email

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1.  サッカーJ3のFC琉球が、第2次金鍾成(キン・ジョンソン)監督体制下の初陣を白星で飾った…
  2. 今季から琉球ゴールデンキングスに加入したアレックス・カーク(左から2人目)やヴィック・ローら=16…
  3.  FC琉球の監督が、また代わった。  サッカーJ3で20チーム中18位に沈む琉球は1…
  4. 戦前に首里城正殿前に設置されていたバスケットボールゴールを再現した首里高校の生徒ら=8月27日、那…
  5.  8月12日、浦添市のアイム・ユニバースてだこホール市民交流室は熱気が渦巻いていた。ステー…

特集記事

  1. 再びFC琉球の指揮を執ることになり、トレーニング中に選手たちに指示を送る金鍾成監督=19日、東風平…
  2. ヴィック・ロー(中央)の入団会見で記念撮影に応じる琉球ゴールデンキングスの(左から)安永淳一GM、…
  3. 沖縄県庁  沖縄県は、地域の緊張を和らげようと、4月から「地域外交室」を設置し、照屋義実副知…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ