沖縄の借家需要、2035年ピーク見通し りゅうぎん総研調査

 

 シンクタンクのりゅうぎん総合研究所はこのほど、調査レポート「住宅着工の動向と民間貸家の需要見通し(2022年7月推計)」を発表した。沖縄県全体で民間借家に住む人の世帯数は、2020年の26万8000世帯から、15年後の2035年には29万9000世帯まで伸びてピークを迎えるとの見通しを示した。ピーク後は緩やかに減少し、2050年には28万2000世帯程度となるという。単独世帯の貸家需要が伸びることで全体を押し上げている形だ。

単独世帯、2035年に3万世帯以上増加見込み

 民間借家の居住世帯で最も多い「単独世帯」は、2020年の13万1000世帯から2035年には約3万2000世帯が増加して16万4000世帯となる見通しで、2050年には15万6000世帯程度となる。ピークから減少はするものの、2020年と比べるとなお約2万5000世帯の単独世帯が増加することとなる。単独世帯が民間借家の総数に占める割合は2020年が49.0%で、2050年は55.3%程度に上昇する。

 単独世帯に次いで世帯数が多い「夫婦と子供の世帯」は2020年の6万5000世帯をピークとして減少に転じており、2050年には5万1000世帯程度となる。

 「夫婦のみの世帯」は2020年の2万8000世帯から2035年には3万3000世帯まで増加し、以降はおおむね横ばいで推移する。

 「女親と子どもの世帯」は2020年の2万8000世帯から2045年には2万9000世帯程と微増し、2050年には再び2万8000世帯程度となる。

 「男親と子どもの世帯」や「その他の世帯」は、概ね横ばいで推移するとされる。

Print Friendly, PDF & Email

長濱 良起

投稿者記事一覧

フリーランス記者。
元琉球新報記者。教育行政、市町村行政、基地問題の現場などを取材する。
琉球大学マスコミ学コース卒業後、県内各企業のスポンサードで世界30カ国を約2年かけて巡る。
2018年、北京・中央民族大学に語学留学。
1986年、沖縄県浦添市出身。著書に「沖縄人世界一周!絆をつなぐ旅!」(編集工房東洋企画)

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1.  10月1日、株式会社プロアライアンスと琉球朝日放送株式会社(QAB)が協同して構築した、…
  2.  「久しぶりー!」「元気だったー!?」と、賑やかな声が飛び交う。10月2日に開催される「沖…
  3.  安室奈美恵、MAX、DA PUMP、SPEED、知念里奈、三浦大知…沖縄発で今現在も大活…
  4.  感染者数は依然として収束を見ないが、「ウィズコロナ」の広がりから徐々に国内からの入域客数…
  5.  サッカーJ2のFC琉球が、いよいよ崖っぷちに追い込まれた。  琉球は9月18日、沖…

特集記事

  1.  敵味方、民間人、軍人、国籍問わず、沖縄戦などで死没した全ての人々の氏名を刻む「平和の礎」…
  2.  2022年“選挙イヤー”の沖縄で最大の政治決戦となる9月11日の県知事選は、米軍普天間飛…
  3.  今年で本土復帰から50年の節目を迎える沖縄。9月11日には14回目の県知事選挙が行われる…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ