「観光産業に必要不可欠」国際クルーズ再開に向け水際対策緩和を要請

 
国際クルーズ再開に向けて水際対策の緩和を要請するOCVBの下地芳郎会長(右から2人目)ら(OCVB提供)

 沖縄観光コンベンションビューロー(OCVB)が8月29日、新型コロナウイルスによる沖縄経済への深刻な影響を踏まえて、国際クルーズ船の早期運行再開に向けた水際対策緩和を国に要請した。要請はOCVB下地芳郎会長に加え、石垣市の中山義隆市長、座間味村の宮里哲村長の連名。県内全域へのコロナ禍による打撃の中でも、とりわけ石垣、座間味においては観光産業への影響が深刻だとして「国内外の観光客が沖縄諸島及び先島諸島に訪問する外国籍による国際クルーズ船の運行再開が必要不可欠」と強調した。

 入域観光客数が1,000万人を超えた2019年の時点では、県内への海路客は年間130万人以上にのぼり、観光客数増加に大きく寄与した。さらに同年、那覇港へのクルーズ船寄港回数は260回超で国内最多だった。しかし翌20年には船内でのコロナ集団感染が問題になったこともあり、運航中止が相次いで寄港回数ゼロの状況が続いた。

 今年6月には国内クルーズ客船が宮古島市の平良港と本部町の本部港に2年4ヶ月ぶりに寄港したが、外国籍クルーズ船寄港の目処は未だ立っていない。

 要請文では「観光業に関係する県民にとって苦しい状況が続いている」と窮状を訴えた上で、クルーズ船の寄港が「観光振興及び地域経済の活性化に大きく貢献」していたと説明。世界各地でクルーズ船の運航が始まっている一方で、日本国内における国際クルーズについては再開の見通しが立っていない現状を指摘している。

 すでに国内では、国際的な人の往来の再開に向けた空路の水際対策が緩和されていることから、海路についても「国際クルーズ船の再開の機運を高めたい」として、水際対策緩和を求めた。

Print Friendly, PDF & Email

真栄城 潤一

投稿者記事一覧

1985年生まれ、那覇市出身。
元新聞記者、その前はバンドマン(ドラマー)。映画、音楽、文学、それらをひっくるめたアート、さらにそれらをひっくるめた文化を敬い畏れ、そして愛す。あらゆる分野のクリエイティブな人たちの活動や言葉を発信し、つながりを生み、沖縄の未来に貢献したい、と目論む。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1.  10月1日、株式会社プロアライアンスと琉球朝日放送株式会社(QAB)が協同して構築した、…
  2.  「久しぶりー!」「元気だったー!?」と、賑やかな声が飛び交う。10月2日に開催される「沖…
  3.  安室奈美恵、MAX、DA PUMP、SPEED、知念里奈、三浦大知…沖縄発で今現在も大活…
  4.  感染者数は依然として収束を見ないが、「ウィズコロナ」の広がりから徐々に国内からの入域客数…
  5.  サッカーJ2のFC琉球が、いよいよ崖っぷちに追い込まれた。  琉球は9月18日、沖…

特集記事

  1.  敵味方、民間人、軍人、国籍問わず、沖縄戦などで死没した全ての人々の氏名を刻む「平和の礎」…
  2.  2022年“選挙イヤー”の沖縄で最大の政治決戦となる9月11日の県知事選は、米軍普天間飛…
  3.  今年で本土復帰から50年の節目を迎える沖縄。9月11日には14回目の県知事選挙が行われる…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ