沖縄の島胡椒「ピィパーズ」活用 壁面緑化もスパイスの時代

 

 ピィパーズをご存じだろうか。「沖縄在来の香辛料」「島胡椒」とも言われ、日本では沖縄で栽培がされており、特に八重山地域では特産品の一つに数えられている。その香り高さや効能からピィパーズのファンが増え、生産農家を中心に「沖縄県ピィパーズ生産推進協議会」(通称:沖ピ協)が設立されているほどだ。

 そんなピィパーズ、植物としての特性からもまた違う「お役立ち」を見せる。3月20日に市民ら約25人が浦添市の経塚公園にあるピィパーズの手入れを行った。コンクリートの壁面に沿って伸びるピィパーズは、壁面緑化にも適した植物だ。

守れ47本のピィパーズ

 作業に訪れていた沖ピ協の宇根良則会長によると、公園整備の一環で3年前に74本のピィパーズを植えたものの、全てが上手く育ったわけではなく、今は47本だけが生き残っているのだという。命を終えたピィパーズは立ち枯れた状態のままそこにあった。

 宇根会長は「ちゃんと生かせば緑の壁に変わるんですよ。それぐらい生命力のある植物です。せっかく植えられたピィパーズを何とか生かして、壁面緑化の大きな成功モデルとしたいです」と話す。

 この日の作業はまさに、生き残った47本のピィパーズをしっかりと残すのが目的だ。①根元の雑草を刈り込んで②腐葉土を敷設③さらにその上から草で表面を覆い、雑草や害虫の発生を抑える。生き生きとした成長を促すために、しっかりと生育環境を整える。

 経塚公園はゆいレール経塚駅のすぐそばにあり「緑の壁」が実現すればおのずと多くの人々の目に触れることにもなる。

「潜在的に爆発力がある」

 沖ピ協はピィパーズの県域全体での普及などを目指して2020年12月に発足したものの、その実質的な歴史は長く、前身の「ピィパーズを生かす会」は2006年から活動を開始していた。現在の会員数は95人だ。同会の相談役を務める生産農家の西表秀夫さんは、ピィパーズの魅力を「何って言うのかな、潜在的に爆発力があるわけ」と語る。「匂いを嗅いだり味わったりしてピィパーズを好きになった人は、ピィパーズ関連のビジネスを立ち上げる人もたくさんいます」

ヨーグルトにもSDGsにも

 いつもピィパーズと共に生活している宇根会長。「何にでも合います。朝昼晩、おかずでもおつゆでも全てかけています」と、もはや主食級だ。朝食はヨーグルトにかけて風味を楽しんでいる。

 「ピィパーズを育てることはSDGsへの貢献にもつながります」と宇根会長。「まず目標3の『すべての人に健康と福祉を』。ピィパーズの実や葉には血流を改善する効果があります。そして目標11の『住み続けられるまちづくりを』。無機質なコンクリート面に生気を与えます」。それから、もう一つある。宇根会長は共に作業する仲間たちに目を遣りながら、もう一つのSDGs目標を述べた。「『パートナーシップで目標を達成しよう』です」。力を合わせた努力の結晶は、鮮やかな緑色となって人々の目を癒すだろう。

Print Friendly, PDF & Email

長濱 良起

投稿者記事一覧

フリーランス記者。
元琉球新報記者。教育行政、市町村行政、基地問題の現場などを取材する。
琉球大学マスコミ学コース卒業後、県内各企業のスポンサードで世界30カ国を約2年かけて巡る。
2018年、北京・中央民族大学に語学留学。
1986年、沖縄県浦添市出身。著書に「沖縄人世界一周!絆をつなぐ旅!」(編集工房東洋企画)

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1. 「沖縄県だけ特別措置を作ってもらっている現状をどう認識するのか。復帰50年を過ぎてもまだ国…
  2.  沖縄の市場やスーパーマーケットでは、昔から人々に親しまれている沖縄伝統菓子を今でも数多く…
  3.  「エネルギー自給率」という言葉を聞いたことがあるだろうか。石油やガス、太陽光など、発電な…
  4.  プロバスケットボールBリーグ1部西地区で5連覇を果たし、5月13日には年間王者を争うチャ…
  5.  喜納昌吉、73歳、音楽家。『ハイサイおじさん』『花~すべての人の心に花を~』などの代表曲…

特集記事

  1.  5月15日に東京と沖縄をオンラインで繋いで開かれた「沖縄復帰50周年記念式典」。壇上の大…
  2. 「沖縄県だけ特別措置を作ってもらっている現状をどう認識するのか。復帰50年を過ぎてもまだ国…
  3.  喜納昌吉、73歳、音楽家。『ハイサイおじさん』『花~すべての人の心に花を~』などの代表曲…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ