東大合格請負人の灘校元教員が沖縄の芸能事務所に所属する理由

 

―なぜ、どういった経緯でオリジン・コーポレーションに入ることになったんですか?

「僕が聞きたいぐらいですよ(笑)。もともとよく知っていた沖縄の大型書店の店長に挨拶する機会が4月にあって『灘校を辞めました。これからは文章を書いて生きようと思っています。沖縄にも今まで以上に来ることになりますよ』と話したら、店長が『じゃあ沖縄で知り合いを増やした方がいいので、オリジンに入ったらいいですよ』と(笑)。それから、お店のバックヤードでオリジン・コーポレーション代表の首里のすけさんとお会いしたのが始まりです。6月か7月ぐらいでしたかね」

オリジン・コーポレーションの首里のすけ代表(左)と木村達哉さん=10月30日、那覇市内

―なぜ入所を決めたのでしょう?

面白そうだからです。『やったことがない』というだけで、やる価値はあるじゃないですか。今までFM宝塚でラジオ番組をやっていたこともあるので、興味はありました」

―オリジン・コーポレーションはどんな活動をしていくんですか?

「人前でしゃべることや文章を書くことはできるので、まだまだ発展途上ではありますが、脚本などにもチャレンジしてみたいです。自分がどういうことをできるのか、という部分も含めて、少なくともこのようなお話を頂けているという点で『やったことないからやってみよう』という気持ちです。やっているうちに流れができれば。お笑いのステージは無理です。そんな難しいことはできないと思います」

沖縄の人たちに『外に出て視野を広げる楽しさ』を伝えられたらと思います。公務員になるのも素敵ですけど、僕みたいな(一風変わった)人生も良いですよ、と。大学出て、内定出たところに就職して、そのあとは『我慢する』という人もいると思いますが、そうなるぐらいだったらもう一回人生をやり直してもいいぐらいです。夢や興味に向かってスキルを上げていると、どの企業も人材不足の今の時代、どんどんチャンスが広がりますから」

―作家活動などでオリジン・コーポレーションと提携する意義はどこにありますか?

「今までやったことのない活動を通して知り合いを増やしたいですよね。文章を書いて生きていきたいので、沖縄でいろんな人に自分のことを知ってもらって、僕の本や絵本を読んでもらえたら、と思っています」


 木村さんは近く、日英バイリンガル絵本『あなたのちからになりたくて』を日本のみならず海外でも出版する予定だ。

作家 木村達哉オフィシャルサイト

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:
1

2

長濱 良起

投稿者記事一覧

フリーランス記者。
元琉球新報記者。教育行政、市町村行政、基地問題の現場などを取材する。
琉球大学マスコミ学コース卒業後、県内各企業のスポンサードで世界30カ国を約2年かけて巡る。
2018年、北京・中央民族大学に語学留学。
1986年、沖縄県浦添市出身。著書に「沖縄人世界一周!絆をつなぐ旅!」(編集工房東洋企画)

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1.  8月25日告示、9月11日投開票の沖縄県知事選挙まで、残り1カ月となった。米軍普天間飛行…
  2.  平時では、修学旅行や大型クルーズ船客などによる貸切バス需要が旺盛な沖縄。しかしコロナ禍に…
  3.  「和牛農家を続けられるのか、息子に継がせていいのか、自問自答する毎日です…」  7…
  4.  日本ハンドボールリーグ(JHL)女子のザ・テラスホテルズは7月23日、名護市の21世紀の…
  5.  コロナ禍の損失補填を求める「これまでの沖縄県の自粛要請に伴う観光事業者への協力金支給を実…

特集記事

  1.  旧統一教会の信者を母親に持つ山上徹也容疑者が安倍晋三元首相を銃殺した事件から8日で1カ月…
  2.  9月11日に投票日を迎える沖縄県知事選挙。4年間におよぶ玉城デニー知事の県政運営が県民に…
  3.  沖縄県教育委員会はこのほど、2022年度から2031年度における「沖縄県教育振興基本計画…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ