観光地からビジネス拠点へ ワーケーションに沖縄の新たな可能性

 
ワーケーションの頭文字「W」の形のポーズをとる玉城デニー知事と金杉恭三社長

 沖縄県とあいおいニッセイ同和損害保険株式会社は3月11日に県庁で会見を開き、共同で取り組んでいる沖縄ワーケーション促進事業に係る、8~10日の期間で行ったモニターツアーについて発表した。
 県はワーケーション促進の戦略として①滞在日数の延伸と観光客来訪時期・地域の分散、②長期滞在観光商品の定着化を挙げ、離島を含めた県内各地の特性を生かした“沖縄ならでは”の事業を推進する。

「沖縄観光にとって大きな強みに」

 モニターツアーでは、あいおいニッセイ同和損保の社員8人(個人4人、家族4人)が県内の北部エリア(名護市、国頭郡)と中部エリア(読谷村)でそれぞれ過ごしながら、インターネットの通信速度などを含めたワーク環境の作業効率や安全性、継続性を踏まえた上で沖縄のワーケーションに必要な要素などを検証した。

 あいおいニッセイ同和損保執行役員で九州・沖縄地域担当の三島謙一氏は、コロナ禍となった昨年から「テレワークが一気に進んだ」としつつ、ワーケーションの認知や導入がまだ広がっていないことを指摘。今回のモニターツアーでは「自然や海などのロケーションもさることながら、花粉症もないなどの好条件もあり、観光からビジネス拠点への新たな可能性を見出せると思う」と期待を寄せた。ただ一方で、労務管理の面での課題が残るとした。

沖縄でのワーケーションについて述べる三島謙一氏

 玉城デニー知事は「新型コロナの影響で働き方に大きな変化が生まれている。その中で沖縄の魅力を活用して非日常的な体験ができるワーケーションは今後の沖縄観光にとって大きな強みになると考えている。モニターツアーでは、沖縄ならではの体験することにより、心も体もリフレッシュしながら生産性の高い仕事をしてもらえたと考えている」と話した。
 その上で「Go Toキャンペーンの中止などで沖縄に来たくても来られなかった観光客や沖縄ファンの皆様には、旅行と仕事を融合したワーケーションを体験してもらい、沖縄の新たな魅力を発見して欲しい」と呼びかけた。

ワーケーションでの沖縄来訪を呼びかける玉城知事

 オンラインで出席したあいおいニッセイ同和損保の金杉恭三社長は「ワーケーションには送り出す企業側と受け入れ側である沖縄県や事業者双方の新しいリスクが想定される。保険会社ならでの視点でワーケーション事業のリスクを洗い出し、補償制度の検討につなげていきたい」と述べた。

23日に無料オンラインセミナー開催

 県は3月23日の午後3時から、沖縄ワーケーションについて6つのモデルプランを発表する無料ウェビナー(オンラインセミナー)を開催する。以下の登録フォームに必要事項を入力してエントリーすれば視聴が可能だ。

<ウェビナー視聴用登録フォーム>
https://us02web.zoom.us/webinar/register/WN_rKyDBOiSRzWPvmXDarObVg

Print Friendly, PDF & Email

真栄城 潤一

投稿者記事一覧

1985年生まれ、那覇市出身。
元新聞記者、その前はバンドマン(ドラマー)。映画、音楽、文学、それらをひっくるめたアート、さらにそれらをひっくるめた文化を敬い畏れ、そして愛す。あらゆる分野のクリエイティブな人たちの活動や言葉を発信し、つながりを生み、沖縄の未来に貢献したい、と目論む。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1.  安室奈美恵、MAX、DA PUMP、SPEED、知念里奈、三浦大知…沖縄発で今現在も大活…
  2.  感染者数は依然として収束を見ないが、「ウィズコロナ」の広がりから徐々に国内からの入域客数…
  3.  サッカーJ2のFC琉球が、いよいよ崖っぷちに追い込まれた。  琉球は9月18日、沖…
  4.  9月11日は沖縄県知事選挙の投開票日。その日は他にも、県議補選(那覇市・南部離島選挙区)…
  5.  沖縄県の八重瀬町出身で、3人制バスケットボール(3×3)の元女子日本代表である伊集南さん…

特集記事

  1.  2022年“選挙イヤー”の沖縄で最大の政治決戦となる9月11日の県知事選は、米軍普天間飛…
  2.  今年で本土復帰から50年の節目を迎える沖縄。9月11日には14回目の県知事選挙が行われる…
  3.  コロナ禍に突入してもう2年半が過ぎた。「もうすぐコロナ禍が終わるはずだ」と希望を抱き続け…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ