おきなわ彩発見キャンペーン、第3弾スタート

 

 沖縄県内の宿泊・旅行などを含めた観光関連事業者の事業継続支援を目的とした「おきなわ彩発見キャンペーン」が3月10日から始まる。4月30日(5月1日チェックアウト)の宿泊分までが実施期間。コロナ禍の現在、宿泊を伴う旅行商品に最大80%の補助を行うことで県民の県内旅行を促進し、需要を喚起する。
 キャンペーンは今回で第3弾。宿泊プラン販売がメインだった第1弾、第2弾に対し、今回は交通や有料観光施設、アクティビティ関連の事業者にも補助が届く形にした。

県内需要喚起で観光事業者支援

キャンペーンの補助額一覧(特設サイトより引用)

 県内在住者がインターネット販売専門旅行会社や旅行会社を通じて、宿泊を伴う旅行商品を購入する際に補助が適用される。上限額は旅行会社(店舗など)を経由した宿泊は1人1泊8,000円(金、土、祝日前日は5,000円)。インターネットだと1人1泊6,000円(金、土、祝日前日は3,000円)となっている。

宿泊に「+α」がお得

 旅行会社経由の場合は、宿泊に加えてバスやタクシーなどの交通、有料観光施設利用などを組み合わせた場合には16,000円となっており、この「+α」も含めた方が宿泊のみよりも全体的に安い価格で利用できる場合もある。

(特設サイトより引用)

 キャンペーンの特設ページで旅行商品を取り扱う事業者一覧が掲載されているほか、補助の詳細なども確認できる。
 キャンペーンについての問い合わせは沖縄観光コンベンションビューロー内の同キャンペーン事務局(098-851-9544)へ。

【おきなわ彩発見キャンペーン】

・特設サイト:https://okinawasaihakken.com/

Print Friendly, PDF & Email

真栄城 潤一

投稿者記事一覧

1985年生まれ、那覇市出身。
元新聞記者、その前はバンドマン(ドラマー)。映画、音楽、文学、それらをひっくるめたアート、さらにそれらをひっくるめた文化を敬い畏れ、そして愛す。あらゆる分野のクリエイティブな人たちの活動や言葉を発信し、つながりを生み、沖縄の未来に貢献したい、と目論む。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1.  「奄美大島、徳之島、沖縄島北部および西表島」が世界自然遺産に正式決定する見通しだ。そのう…
  2.  6月末の沖縄県議会で、県立中部病院で発生した新型コロナウイルスのクラスターについての公表…
  3.  新型コロナウイルスワクチンの供給をめぐって、沖縄県と県内の複数の市との間でつばぜり合いが…
  4.  コロナ禍で去年は中止となった全国高校野球選手権沖縄大会は、18日に決勝戦が行われ、65校…
  5.  任期満了に伴い、7月11日に投開票された那覇市議会議員選挙では、40の議席を巡って63人…
琉球海運_広告国場組大寛組前田鶏卵
国場組琉球海運_広告前田鶏卵大寛組

特集記事

  1.  新型コロナウイルスワクチンの供給をめぐって、沖縄県と県内の複数の市との間でつばぜり合いが…
  2.  沖縄県金融広報委員会(事務局・日銀)が2019年に全国を対象に実施した金融リテラ…
  3.  亜熱帯の森に希少な固有種が多数生息する奄美大島、徳之島、沖縄島北部および西表島について、…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ