電気料金、来春値上げへ 沖縄電力、燃料高騰で大幅赤字

 
沖縄電力那覇支店

 沖縄電力の本永浩之社長は1日、那覇市内で会見し、燃料価格の高騰などにより、今年度の決算見通しが単体で過去最悪の経常損失485億円となる見通しを示した上で、すべての電気料金について来年4月からの値上げに向けた検討を始めると発表した。本永社長は「大変苦渋の決断ではあるが、電力の安定供給を継続するため検討に着手することにした」と述べて理解を求めた。

 485億円の経常損失は、直近9年の経常利益を合計した額に相当するといい、本永社長は「企業努力で吸収できる範囲を大きく超えている」と強調した。今年度の売上高見通しは単体で2126億円。売上高の2割以上となる経常損失といえる。連結での純損益は416億円となる見込みという。

 同社によると、20年4月と比べた場合、石炭価格は4.3倍、原油価格は2.6倍に上昇し、円安の急激な進行による影響も受けている。

 電気料金には、「燃料費調整制度」があり、燃料価格や為替の変動に対応して調整が行われるが、今年4月以降は平均燃料価格が調整の上限価格を超過していた。

 同社は、「4月以降、緊急経営対策委員会を設置して、あらゆる効率化に取り組んでいる。役員報酬のカットや支店の統廃合、修繕の周期の見直しなど、できるだけのコストカットを行ってきている」としたほか、「今後も徹底した経営効率化に取り組む」との方針を示した。

 値上げの幅について、同社は検討中で、国の審査を経て決定される。

(記事・宮古毎日新聞)

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

おすすめ記事

  1.  世界中から沖縄県系人や、沖縄にゆかりのある人が集結する「第7回世界のウチナーンチュ大会」…
  2. スターラックスの初便で台北から到着した乗客たち  台湾の新興航空会社「スターラックス航空」が…
  3.  サッカーJ2のFC琉球が、J3降格圏内となる22チーム中21位で今季を終えた。10月23…
  4.  無駄のない美しいフォームから繰り出す伸びのあるストレートに、スライダー、カーブなど多彩な…
  5.  「最高に幸せでしたぁーー!!」。宜野湾コンベンションセンターのステージ上でたくさんの出演…

特集記事

  1. 観光事業者の代表が集まる「沖縄ツーリズム産業団体協議会」 「観光客が戻っていても、観光業界の…
  2.  環境省は24日、石垣島沖にある国内最大のサンゴ礁海域「石西礁湖(せきせいしょうこ)」を9…
  3.  23日に投開票される那覇市長選。届出順に無所属新人で「オール沖縄」勢力が支援する前県議の…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ