琉球銀行が新本社ビル着工 地上13階、2025年10月に竣工予定

 
琉球銀行新本店のイメージ図(ニュースリリースより)

 琉球銀行(川上康頭取)が1日、沖縄県那覇市久茂地にあった旧本店の建て替えに伴い、建設する新本店ビルに着工した。2025年10月31日の竣工を予定している。本店営業部のほか、子会社やホテルなども入居する。

 敷地面積は4,762平方メートル。階数は地上13階、地下1階で、高さは約68メートル。中間層免震構造の鉄筋コンクリート造。施工業者は國場組、大米建設、屋部土建、仲本工業、金秀建設、大城組の特定建設工事共同企業体が担う。

 主な特徴として、以下の4点を挙げている。

(1)高い耐震性能や自家発電機によるBCP(事業継続計画)の強化

(2)大空間の執務環境による働き方の改革

(3)広場や歩行者専用道路による地域への貢献

(4)省エネルギーや省資源化による環境への配慮

エネルギー消費量44%削減 上層階にホテルも

 省エネルギーや省資源化による環境への配慮の一環として、建物の用途のエネルギー消費量44%の削減を達成した。それを受け、国土交通省告示に基づく第三者機関より、延べ床面積1万平方メートル以上の建物を対象とした省エネ性能表示制度「ZEB Oriented(ゼブ・オリエンテッド)」の認定を受けており、「エネルギー消費量を抑えた建物となります」と説明している。

 上層階には観光関連施設としてホテル機能を併設する。三菱地所と基本合意を行い、同社が運営するロイヤルパークホテルズが出店を予定している。

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

おすすめ記事

  1.  サッカーJ3のFC琉球が、第2次金鍾成(キン・ジョンソン)監督体制下の初陣を白星で飾った…
  2. 今季から琉球ゴールデンキングスに加入したアレックス・カーク(左から2人目)やヴィック・ローら=16…
  3.  FC琉球の監督が、また代わった。  サッカーJ3で20チーム中18位に沈む琉球は1…
  4. 戦前に首里城正殿前に設置されていたバスケットボールゴールを再現した首里高校の生徒ら=8月27日、那…
  5.  8月12日、浦添市のアイム・ユニバースてだこホール市民交流室は熱気が渦巻いていた。ステー…

特集記事

  1. 再びFC琉球の指揮を執ることになり、トレーニング中に選手たちに指示を送る金鍾成監督=19日、東風平…
  2. ヴィック・ロー(中央)の入団会見で記念撮影に応じる琉球ゴールデンキングスの(左から)安永淳一GM、…
  3. 沖縄県庁  沖縄県は、地域の緊張を和らげようと、4月から「地域外交室」を設置し、照屋義実副知…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ