琉球銀行が新本社ビル着工 地上13階、2025年10月に竣工予定

 
琉球銀行新本店のイメージ図(ニュースリリースより)

 琉球銀行(川上康頭取)が1日、沖縄県那覇市久茂地にあった旧本店の建て替えに伴い、建設する新本店ビルに着工した。2025年10月31日の竣工を予定している。本店営業部のほか、子会社やホテルなども入居する。

 敷地面積は4,762平方メートル。階数は地上13階、地下1階で、高さは約68メートル。中間層免震構造の鉄筋コンクリート造。施工業者は國場組、大米建設、屋部土建、仲本工業、金秀建設、大城組の特定建設工事共同企業体が担う。

 主な特徴として、以下の4点を挙げている。

(1)高い耐震性能や自家発電機によるBCP(事業継続計画)の強化

(2)大空間の執務環境による働き方の改革

(3)広場や歩行者専用道路による地域への貢献

(4)省エネルギーや省資源化による環境への配慮

エネルギー消費量44%削減 上層階にホテルも

 省エネルギーや省資源化による環境への配慮の一環として、建物の用途のエネルギー消費量44%の削減を達成した。それを受け、国土交通省告示に基づく第三者機関より、延べ床面積1万平方メートル以上の建物を対象とした省エネ性能表示制度「ZEB Oriented(ゼブ・オリエンテッド)」の認定を受けており、「エネルギー消費量を抑えた建物となります」と説明している。

 上層階には観光関連施設としてホテル機能を併設する。三菱地所と基本合意を行い、同社が運営するロイヤルパークホテルズが出店を予定している。

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

おすすめ記事

  1.  沖縄県内各地域で受け継がれてきたその土地の言葉「しまくとぅば」。文化やアイデンティティの…
  2. サッカーの沖縄キャンプをPRする(左から)まーちゃん、尾形貴弘さん、髙原直泰さん=1月10日、豊見…
  3.  台湾の金門島をご存じでしょうか?「台湾の」と書きましたが、島の位置としては「え?なんでここが台湾…
  4.  沖縄の「長寿県」という称号はもはや過去のものとなった。厚生労働省が12月23日に発表した…
  5.  年末が差し迫ってきて「そろそろ大掃除の時期だな…」と感じ始めている人も多くなっている今日…

特集記事

  1.  八千代エンジニヤリング株式会社(東京都)はこのほど、琉球大学工学部の神谷大介准教授と共同…
  2. 今年の正月に首里城で開かれた「新春の宴」にて  2022年は観光業界だけでなく、経済界も含め…
  3.  沖縄県と沖縄観光コンベンションビューロー(OCVB)は1月4日、首都圏・阪神圏在住の現在…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ